2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« はくれんを手燭のごとく述べし枝 轡田 進 | トップページ | 図体はでかいが基に亀裂あり »

2021年3月11日 (木)

衰えが妻の後追う情けなさ

    今、3月11日午後2時46分。
10年前のこの時、筑波山(茨城県)の梅園で大地震に遭遇した。
当日は帰宅不能、つくば市内の小学校に避難・宿泊し翌日帰宅。
忘れようにも忘れられない想い出だ。

一応、災害対応は出来ていると思うが、再度の見直しが必要だね。

さて、この日、カミさんに誘われ久し振りに80分ほど歩いてきた。
梅が咲き、桜の蕾は大きくなり、水辺ではサギが羽を休めていた。
すっかり春の気配だった。

でも、身体は疲れた。特に速歩を維持する体力の限界を感じた。
もちろん加齢のせいと思うが、日頃の鍛錬の欠如が主因だろうね。
冬の間、運動は毎朝のストレッチ、歩きはワンちゃんとの散歩ば
かり、遅足で短時間とくれば当然に足腰が衰えてくるよね。

そんなワケで、自分の体力の衰えを自覚した日だった。
カミさんの歩く速度に追いつけない情けなさ。さあ、立ち上がれ!

 

« はくれんを手燭のごとく述べし枝 轡田 進 | トップページ | 図体はでかいが基に亀裂あり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« はくれんを手燭のごとく述べし枝 轡田 進 | トップページ | 図体はでかいが基に亀裂あり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本