2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« お隣にとにもかくにも興味行く | トップページ | 友有りて山を下りるという便り »

2021年4月 8日 (木)

この年でやっと告辞の意味わかる

    田中優子氏が3月末日を以て法政大学総長を退任した。
同大の総長は理事長と学長の兼任だという。さぞ、ご多忙だっ
たことでしょうね。お疲れ様でした。

ネットでは、同氏の学位授与式での告辞が紹介されている。
“どんな選択でも、尊厳をもって生きられる社会が必要”

どの道を歩むべきか迷ったときは・・
“人の薦めで選択するのではなく、自分で決めることが自由を
生き抜く上ではとても大切です”と呼びかけている。

私は最後の卒業式から既に半世紀以上も経った。
小中高大とも、校長や学長の訓示など一言も覚えていない。

社会へ出て、様々な経験を積んでこそ上記の告辞の意味を噛み
められるような気がする。恐らく同大の卒業生が総長告辞の
意味をを理解するのは数十年後のことだろうね。
但し、この告辞を覚えていたらの話だが。

私には、昨夕の新聞に載っていた同氏のコラム『死という到達
点』の方が参考になった。江戸文化研究家である同氏の面目躍
如が目立った記事だった。


 

« お隣にとにもかくにも興味行く | トップページ | 友有りて山を下りるという便り »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お隣にとにもかくにも興味行く | トップページ | 友有りて山を下りるという便り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本