2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« この年でやっと告辞の意味わかる | トップページ | 歴史ある国の王室ここにあり »

2021年4月 9日 (金)

友有りて山を下りるという便り

  リタイア後、故郷の高原に移住した友人が、この春に県都に
引っ越してくるらしい。故郷からそんな頼りが届いた。

現役時代は北米勤務が長く、彼の地の自然環境に似た日本の
高原を選んだと言っていた。大手企業が所有していた保養施設
を買い取って高原生活を満喫していた。
数回、グループで訪問し歓待を受けた。初めて熊肉を頂いたが
固くて食べ難くかった思い出が残っている。

以下、私の推測の段階だが・・
大変なのは暖房に使う薪割りだそうだ。
半年分を春夏秋に準備しなければならない。
年齢から考えたら超重労働だね。

冬季の寒さも半端じゃない。
高原だけに坂が多い。運転も要注意だし、医療の心配もある。
2人暮らしには大きすぎる家だし・・。
あれやこれやで、高原暮らしを諦めたのかな?

何か特別な理由(病気など)でなければ良いと祈るばかりだ。

 

« この年でやっと告辞の意味わかる | トップページ | 歴史ある国の王室ここにあり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この年でやっと告辞の意味わかる | トップページ | 歴史ある国の王室ここにあり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本