2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 先は闇小器大用デジタル化 | トップページ | 8割が診療拒否という矛盾 »

2021年6月16日 (水)

露出度で決まる首長の次ステージ

   慶応義塾大学の濱岡 豊教授が、新コロナ対策を指標化して
道府県別に評価したランキングがネットに載った。

1位が鳥取県、2位が島根県、3位が佐賀県と続き、最下位が
大阪府、ブービーは東京都だった。

このランキングを見ると、以下のことが明白だそうだ。

“検査を厚くして感染者を早めに見つけ出し、療養させて更なる
  感染を防止する。そんか対策を着実に行った自治体がランク
  上位になった。”
上位の自治体の地道な努力が実ったようだ。

テレビへの露出度の高い人ほど対策結果が悪い。
彼らはコロナ禍後の自身のステージを考えて行動しているのだ
ろうか? 
まさか、都民、府民は騙されないと思うけど。選挙も近いしね。




 

« 先は闇小器大用デジタル化 | トップページ | 8割が診療拒否という矛盾 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先は闇小器大用デジタル化 | トップページ | 8割が診療拒否という矛盾 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本