2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« おもらしをしたのが言えずした行為? | トップページ | 凡人も危うき場所は渡らない »

2021年6月 4日 (金)

待たされて忍耐力が試される

  運転免許の更新に伴う高齢者2時間講習に参加した。

場所は市内の自動車教習所、大雨の予想だったので移動は
電車を利用した。朝の7時半頃の駅や電車は通学する高校
生でイッパイ。学校でクラスターが発生したらアッという間に
地域は新コロナに感染してしまう。考えると恐ろしい。

講習は中身が乏しいと感じた。マンネリになっているね。
読みもしない
科書が配布され、講師は改正された高齢者免
許制度の2頁だけを棒読みしただけ、他に不鮮明なビデオ
を見せられ、視力検査(静態、動態)を受けた。それでも
講習時間は余ってしまった。

運転実習は、教官が「あっちへ行け、そこ曲がれ」などの
指示に従い運転するだけ。終わって、何か運転上の問題が
指摘されるかと思ったが何も言われぬまま終了、解散とな
った。両講習とも待ち時間ばかりだった。

この講習では講習ポイントを絞る。運転教習では受講者の
欠点を指摘して直させるなど実効の上がる制度にすべきだ。

認知症検査とこの高齢者講習は、場所、時間とも官のご指
示で動いている。巨大な天下り先になっていると思うね。

とても、高齢者の交通事故防止に積極的に役立っていると
か思えなかった。






 

 

« おもらしをしたのが言えずした行為? | トップページ | 凡人も危うき場所は渡らない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« おもらしをしたのが言えずした行為? | トップページ | 凡人も危うき場所は渡らない »

無料ブログはココログ

お気に入りの本