2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« あいがとうそんな目をしてペット逝く | トップページ | やれ打てぬ打てよ打てよと言われても »

2021年6月30日 (水)

読み切った6月晦日朝ぼらけ

 「6月晦日は年の臍」の今日、早くも半年が過ぎる。
半年を過ぎて残念なのは、まともな読書をしなかったことだ。

そんな中で、今朝の4時前に読み切った本は印象に残った。
本は「小説イタリア・ルネッサンス1 ベネチア」(塩野七生著、
新潮文庫)だった。

著者の本は、「ローマ人の物語」など読んでいる。これらのシ
リーズは、いわば歴史ドキュメントだった。本書は塩野さんの
初の歴史小説シリーズの第一巻だそうだ。

本書を読むきっかけは、M新聞(2021年2月5日付夕刊)に
『初の歴史小説 塩野七生さんが描く「男と女」』の記事を読
んだからだ。記事の中央に大きな文字で『美しい老い「恋せず
に死ぬのか」』とあって、ルネッサンス時の性愛物語かと思っ
て読んだ。

ところが大違い、私にとっては歴史小説の範疇に入れたいね。
男女の性愛っ部分は、教養ある女性作家らしく上品に描かれ
ている。激動する16世紀のベネチアを取り巻く環境に翻弄さ
れる個人を描いた小説と思う。
それとも私が男女の性情に疎いからかな?

本書は4巻まで続くシリーズ、早速、残りの3巻を手配した。

 

« あいがとうそんな目をしてペット逝く | トップページ | やれ打てぬ打てよ打てよと言われても »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あいがとうそんな目をしてペット逝く | トップページ | やれ打てぬ打てよ打てよと言われても »

無料ブログはココログ

お気に入りの本