2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« わが事と思えば避難できたかな | トップページ | 回覧板でかい顔して生き残り »

2021年7月 4日 (日)

苦しみは苦しみに治させる

    今日も梅雨特有の雨が降り続いている。
外へ出て気分を晴らしたいが、どうしても家に籠ってしまう。
身体を動かすのも億劫だ。梅雨明けが待ち遠しい。

愛犬アオイの死から5日程経つが、日ごろの生活の中に彼女
の姿が浮かんできて胸が痛くなる。
たかが犬だし、それに覚悟してはずなのにと思うけど・・。

今、読んでいる本、『もしも一年後、この世にいないとしたら』
(清水 研著、文響社版)の中にこんな文章があった。
なお、著者は精神腫瘍医で、専門は、がん患者専門の精神科
医および心療内科医とある。わかり易く言うと、「がんと心に関
する学問」を専門とする精神科医だそうだ。

〝苦しみを癒すのに必要なことは、悲しむことだ”
“「自分の悩みを誰かが理解くれた」と思えたときに、苦しみ
が少し癒えます”

苦しさをガマンするのではなく、吐き出す方が良さそうだね。
いわゆる受け側はカウンセラーに徹するわけだ。
自分もそうだが、相手が苦しいときは相手の苦しさを全部聞い
聞いてやらねばならいんだ。心しておこう。







 

« わが事と思えば避難できたかな | トップページ | 回覧板でかい顔して生き残り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わが事と思えば避難できたかな | トップページ | 回覧板でかい顔して生き残り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本