2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« フレンツェの風雲告げる稲光 | トップページ | どこへ行くネット次第の空模様 »

2021年7月12日 (月)

この秋はコロナが試す民主主義

  M新聞夕刊4面『今どきの歴史』に興味を持った。
題して『東京五輪の夏とその後  民主主義の勝負どころ』とある。

アジア太平洋戦争当時と現在を重ねて議論を重ねている。
戦前・戦中の類似の中でも最も不気味なのは「安全・安心」

 掲げる政府が、その科学的根拠をきちんと言えないまま、五輪
 開催に突っ込んでいく姿だろう” ・・と述べている。

以下、記事を要約すると・・
ワクチン
はまだこれからだ。
競技場が集中する東京など首都圏の感染者は減らない。
旧軍は国力差を無視して米国との戦争に突入した。
そこで支配していたのは、勝敗を決するのは科学や物量より戦意
だという精神主義で「敵は弱いはずだ」という楽観論だった。
安全・安心を唱えれば安全・安心になるはず、という現況が、旧
軍最大の欠陥が繰り返されるのを見ているようで不気味だと言う。

戦前・戦中と決定的に違うのは、今の日本は民主主義国家だとい
うこと。それでも国は専門家などの意見に耳を貸さず、「安全・
安心」を押し通し緊急事態宣言下での開催となった。まさに戦略
の矛盾だ。

戦時になぞらえると、今は本土決戦というべき段階だそうだ。
国民は来るべき総選挙には、戦後初の普通選挙のような責任感で
臨みたい。
「こうなったの責任は有権者んいもある」と言わせないためにも。
それにつけても最近は投票率の低さが目立つね。残念だ。

« フレンツェの風雲告げる稲光 | トップページ | どこへ行くネット次第の空模様 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フレンツェの風雲告げる稲光 | トップページ | どこへ行くネット次第の空模様 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本