2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« コロナ禍のせいにはできぬ伸びた髪 | トップページ | 中止でもお客ゼロでもご勝手に »

2021年7月 8日 (木)

恋せずに老いて死なない主人公

   塩野七生著の小説「小説イタリア・ルネサンス」(新潮文庫)
は全4巻、1巻目の「ヴェネツィア」は既に読み終わった。

続いて、残った「2.フレンツェ」、「3.ローマ」、「4、再びヴェネ
ツィア」の3冊が手元に届いた。
文庫本とは言え、図書館へ
の返却期限までに3冊を読み切る
のは厳しい。何とかして(寝る間も惜しんで)完読したい。

今、「2.フレンツェ」を読み始めた。
ヴェネツィアで活躍した主人公のマルコが、フレンツェへ旅する
場面から物語は始まる。彼はヴェネツィアで公職追放3年の処
置を受けたので、この期間を利用して他国(当時、この2ヵ国は
都市国家だった)へ個人旅行に出かけたのだ。

ノンビリ旅行も、フレンツェに宿をとった途端に事件に巻き込ま
れる。ヴェネツィアで知り合った恋人にも遭遇し、フレンツェの
統治者のメディチ家を巻き込んで物語は展開していく。
なかなか面白い。

“マルコは晩年、業績も何も書き残さず、恋人の追憶ともに満た
  された顔で生を終えた”・と書評にあった。先が楽しみだ。








 

 

 

« コロナ禍のせいにはできぬ伸びた髪 | トップページ | 中止でもお客ゼロでもご勝手に »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍のせいにはできぬ伸びた髪 | トップページ | 中止でもお客ゼロでもご勝手に »

無料ブログはココログ

お気に入りの本