2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 七十年経てば我が身は少数派 | トップページ | 坊ちゃんでウップン晴らすプロ野球 »

2021年8月16日 (月)

聞き飽きた連呼連呼の市長声

    毎日夕方に、いつも同じ言葉が防災無線から流れて来る。

その言葉はコロナ禍について・・
 「市長の〇〇です。現在、緊急事態宣言が発令されています。
  不要不急の外出は控えて下さい。ワクチンの接種に全力を
  げています。市民の皆さんのご協力をお願いします」

こんな言葉をが連日聞かされれも、「あ、またか」の感想し
か持てないね。

放送の目的は、①感染者をこれ以上増やさないこと。
            ②その為にワクチンの接種を促進すること。
にあると思うが、どちらも訴求力がゼロだと思う。
悪く考えれば、10月24日の市長選目当ての選挙運動(名前
の連呼)ではないかと勘ぐってしまう。

①については、市民に採ってほしい行動を具体的に強い言葉
で話す。②については、高齢者2回の接種がほぼ終わってい
るので、50歳以下の接種を具体的にどう進めるかを語るべき
だ。

行動経済学の「ナッジ」理論を勉強して、感染防止にもっと
市民の協力を得る方法を考えてもらいたいね。
それも当地に即して!
それとも、地方自治体は全くの国の下請け機関なのかな?

 

« 七十年経てば我が身は少数派 | トップページ | 坊ちゃんでウップン晴らすプロ野球 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七十年経てば我が身は少数派 | トップページ | 坊ちゃんでウップン晴らすプロ野球 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本