2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 嬢ちゃんもやれば取れるさ金メダル | トップページ | 聞き飽きた連呼連呼の市長声 »

2021年8月15日 (日)

七十年経てば我が身は少数派

   今日は終戦記念日。
テレビ報道によれば、日米開戦の前年までに生まれた人の日
本の人口に占める割合は、わずか9.2%とか。私も含まれる。

当時、私は幼くて戦争経験はない。
父親が鉄道員だったので
兵隊に取られず家族が離散することもなかった。

親戚では、父方の伯父が旧ビルマ(現ミャンマー)で戦死、
年の離れた従兄が満蒙開拓義勇軍で旧満州(現中国東北部)
で死亡している。

戦後、戦死した叔父の遺族の生活が困窮したのを覚えている。

私の入った小学校では、疎開して残ったいた子供たちも多く、
1クラス70人位の児童数だった。
もちろん、給食などなく弁当を持って来れない児童もいた。
ほどなく、スキムミルクの給食が始まったが、その不味さに
は子ども心にも閉口した。その他諸々、戦火の影響が残って
いた。

私の30歳頃は、日露戦争から60余年、感覚としては既に縄
文時代の出来事だったね。今の30代の人にとっても終戦から
76年といえば、それこそ石器時代の感覚だと思う。

戦争の原因、その結果などきちんとした歴史教育が望まれる。
それと国民は、しっかりと政治
を監視すべきだ。
折角の選挙を棄権すると、再び戦火にまみえるかもよ!




« 嬢ちゃんもやれば取れるさ金メダル | トップページ | 聞き飽きた連呼連呼の市長声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬢ちゃんもやれば取れるさ金メダル | トップページ | 聞き飽きた連呼連呼の市長声 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本