2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 出せません遠くが見えないお方には | トップページ | 雑音を吹き込む国と好試合 »

2021年8月 3日 (火)

当たり前いなけりゃ困る仕事人

『交通誘導員ヨレヨレ日記』(柏 耕一著、三五館シンシャ版)な
る本を読み終わった。猛暑の中で読むには適当だった。

著者は73歳、出版社を経営していた末に誘導員に転身したという。
誘導員生活は3年未満らしい。

読後感として率直に言わせていただければ、読んだ後に心に残る
モノがなかったと思う。
誘導現場の例はそれなりに多いが、現場経験を通してこの社会を
どう見るかという著者の基本理念が見受けられない。また、誘導員
として働く者たちの実態を鋭くあぶり出してもいない。
単なる誘導例の羅列で終わったのは残念だ。

現役終了後の小遣い稼ぎや、年金支給開始までのつなぎとしての
職業だとしたら、低賃金で多くの高齢の人たちが働いているのも
頷ける。だとしたら、産業としてどうしたら良いかを述べてほし
かった。




« 出せません遠くが見えないお方には | トップページ | 雑音を吹き込む国と好試合 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出せません遠くが見えないお方には | トップページ | 雑音を吹き込む国と好試合 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本