2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« ジジババに余韻残して孫帰る | トップページ | 雲除けて未練の月が顔を出し »

2021年9月20日 (月)

増えすぎて年々下がる敬老度

   敬老の日、今、夜の9時30分だ。
65歳以上の高齢者が、3人に1人の割合に近づいてきたようだ。
100歳以上のご長寿者も8万人を越えたとか。
いずれも、この先は人類が経験したことがない未知の世界だ。

こんな事を書こうとしていたら、けたたましい救急車の接近音
響き、わが家の目前に救急車と消防車が止まった。
何事かとベランダに出てみたら、道路を挟んだはす向かいのAさ
ん宅に異変が起こったらしい。Aさん宅は私と同年のAさんとそ
の娘さんの2人住まいだ。奥さんを病気で亡くしている。

間もなく、ストレッチャーに乗せられたAさんが運ばれてきた。
救急隊員が心臓マッサージをしている。心臓に異変が起こったの
かな。救急車は娘さんを同乗させて出発して行った。
病弱だったAさん、いつも優しい笑顔を絶やさなかったAさん、
40年以上のお付き合いだ。どうか無事であることを祈る。

Aさんの娘さんも病弱だ。娘1人を残して逝くのはまだ早い。




 

« ジジババに余韻残して孫帰る | トップページ | 雲除けて未練の月が顔を出し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジジババに余韻残して孫帰る | トップページ | 雲除けて未練の月が顔を出し »

無料ブログはココログ

お気に入りの本