2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 生き延びる体力あるか旅世界 | トップページ | 無事過ぎるその日その日が大事です »

2021年9月15日 (水)

あぶり出す下流社会の逞しさて

    晴れて暑くなったこの日、公共図書館へ行った。
読みかけの本の返却日が迫ったので借出期間の延長のためだ。
ついでに、新たに数冊の本も借り出した。

期間を延長した本は「大坂民衆の近世史 老いと病・生業・
下層社会」(塚田孝著 ちくま新
書)

本書はまず巨大都市大坂の形成や町の構造の説明から入る。
そして、江戸時代の大坂で市井の人々がどんなふうに生きたか? 
仕事は? どんな人生の荒波にもまれ、どう乗り越えたか? 
・・などに続く。

職業別の解説もあるが、まだそこまでは読み届いていない。
江戸時代の庶民の生活、興味あるテーマだ。
しっかり読み通したい。



 

 

 

« 生き延びる体力あるか旅世界 | トップページ | 無事過ぎるその日その日が大事です »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生き延びる体力あるか旅世界 | トップページ | 無事過ぎるその日その日が大事です »

無料ブログはココログ

お気に入りの本