2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 女房に言われたのかな首相辞意 | トップページ | ワンコイン持って飯食う高齢者 »

2021年9月 4日 (土)

国の名を読み替えたなら今になる

    塩野七生が描いた中世ヨーロッパの戦闘物語の3部作全部を
読み終わった。

3部作とは『コンスタンティノーブルの陥落』(戦闘は1453年)
『ロードス島攻防記』(同1522年)、『レバントの海戦』(同1571年)
をいう。いずれもオスマン・トルコとヴェネツィアが登場する。
今日読み終わったのは『レバントの海戦』だ。

『レバントの海戦』では西欧連合艦隊が、無敵トルコをついに破
った。作者は言う「しかし同時に、海洋国家ヴェネツィアにも、
歴史の表舞台だった地中海にも落日が陽が差し始めようとしてい
た」と。いわゆる歴史のターニングポイントだったという。

巻末近くで以下の文章が目についた。最近、冷え込んでいる日本
と某国の関係に何やら似ているような気がした。
歴史は繰り返すのか?

戦後、帰任したコンスタンティノーブル駐在ヴェネツィア大使が
元老院での報告演説で痛烈に政府を非難攻撃している。
“「国家の安定と永続は、軍事力によるものばかりではない。他
  国がわれわれをどう思っているかの評価と、他国に対する毅
  然とした態度によることが多い。トルコ人は、われわれヴェ
  ネティアが、結局は妥協に逃げるということを察知していた。
  我等の彼らへの態度が、外交上の必要以上に卑屈であったか
  らである。ヴェネツィアは、トルコの弱点を指摘することを
  控えヴェネツィアの有利を明示することを怠った。結果とし
  て、トルコ人本来の傲慢と尊大さと横柄にとどめをかけるこ
  とができなくなった」”
 
   



 

 

 

« 女房に言われたのかな首相辞意 | トップページ | ワンコイン持って飯食う高齢者 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 女房に言われたのかな首相辞意 | トップページ | ワンコイン持って飯食う高齢者 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本