2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 煩さも子守唄です孫のため | トップページ | 国連の指針に触れた初体験 »

2021年10月22日 (金)

堂々と給与削るという候補

    いつものインターネットを開くと、こんなバーナー広告
目に入った。わが町の市長選挙の候補者を支援する広告で、
明後日が投票日だ。

ネットを利用すのは法的に厳しいと聞く。
そんな環境下で、こんな応援広告なら許されるのだろうか?
堂々と広告を出しているのだから問題はないと思いたい。

もう1つ・・。
当選の暁には市長給与を50%カットするというが、
そんなことが簡単にできるのかな?
この項目に引かれて投票する人も多いかも知れない。

いずれにしても、私にとって誰に投票するかを決める材料は
少なすぎる。

« 煩さも子守唄です孫のため | トップページ | 国連の指針に触れた初体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 煩さも子守唄です孫のため | トップページ | 国連の指針に触れた初体験 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本