2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 分配が先でなかったご答弁 | トップページ | ともかくもテマヒマかかる民主主義 »

2021年10月13日 (水)

老友に過去の自分を映し出す

 行動経済経済学にピークエンドの法則というのがある。
これは全体に対する印象として残り易いのは、ピーク(絶頂
期)とエンド(最後)だとする理論だ。

高校同期生間のメーリングリストに加入している。
今は、現記事の作者が次の投稿者を指名する方式で掲
載が
続いている。確かに、例外はあるにしても皆さん輝かしい経
歴をお持ちだと感心する。将に法則の通りだと思うね。

2年生に春に組み換えがあり、同じクラス仲間であったのは
たった2年間に過ぎない。他のクラスの生徒
は殆ど顔と名前
が一致しない。同クラスでも友人と言えるのは10人弱だ。

日のM新聞夕刊にこんな記事が載っていた。
〝(家庭への熱意が静まり、仕事も卒業すると)魔が差した
  ように、昔の友に会いたくなる。しかし、それは正しくな
   い
。昔の友など実はもういない。そこには昔の友の老いた、
  いや成長した姿があるだけで
、お互いの言葉をヒントに、  
   自分たちが生きた10代、20代の瞬間を、彼らの目に映る
  過去の自分をぼんやりと、ときに鮮やかに追憶いるだけの
  ことだ”

メーリングリストを読む度に、彼らの輝かしいピーク時にオレ
は何をしていたんだろうか?・・と、つい考えてしまう。

« 分配が先でなかったご答弁 | トップページ | ともかくもテマヒマかかる民主主義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 分配が先でなかったご答弁 | トップページ | ともかくもテマヒマかかる民主主義 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本