2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 当たるなら商店街のくじでいい | トップページ | 吉凶は思いがけなくやってくる »

2021年11月19日 (金)

大音響月は隠れて曲を聴く

 世界のお巡りさんコンサート特別編を聴きに行った。
場所は東京・上野の東京文化会館大ホール、主催は新聞社、演奏
は警視庁音楽隊、それに警視庁音楽隊カラーガード“MEC”が彩
を添えた。
また、ニューヨーク市警、シンガポール警察、パリ警視庁、マレ
ーシア国家警察の音楽隊は画像参
加だった。

コンサートは警視庁音楽隊「“花は咲く」から始まった。
警視庁音楽隊の演奏は全9曲、その間に上記4ヵ国の画像が入る
プログラムだ。終曲は警視庁音楽隊の行進曲「世界のお巡りさん」

音楽に疎い私だが、はやり音楽隊=行進曲だと思ってしまう。
でも「蘇州夜曲」のような幻想的な曲もあり、かつて訪ねたことの
ある蘇州を思い出しながら聴き入った。良かったね!

でも、やはり吹奏楽器を中心とする音楽隊は元気の出る曲が似合う。
印象に残った曲は交響詩「フィンランディア」(シベリウス作曲)、
「さらばジャマイカ」(ジャマイカ民謡)、「ブリング・イット・
オン・トウ・ミー」(Bring it on home to me NY市警)

上野の森の大ホールで聴く大音響の曲もオツなもの。
機会があったらまた参加したい。

そうそう、今晩は月食だった。
残念ながら、月は雲に隠れて月食は見えなかった。
大音響に月はビックリして隠れてしまったようだ。


« 当たるなら商店街のくじでいい | トップページ | 吉凶は思いがけなくやってくる »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当たるなら商店街のくじでいい | トップページ | 吉凶は思いがけなくやってくる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本