2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 月明けて暦の薄さ肌に染み | トップページ | わが家ではスマフォ経読むご仏前 »

2021年11月 2日 (火)

納得だ!要点だけのつまみ食い

  長い時間、活字を追うのが辛くなった。
新聞も見出しだけしか読まない日があるし、本を読むのも
辛くなってきた。すぐに目が疲れてしまう。

せっかく
、図書館から人気本を順番待ちして借り出しても
読みかけで返してしまうことが多い。
そんなだから、借りる本は、短編モノに偏る傾向にある。

今も3冊の本の返却期限が迫ってきている。
『90歳、こんなに長生きするなんて』(曽野綾子著、ポプ
ラ社版)も、そのうちの1冊だ。記事は約180を超える項
目に分類されている。でも、1項目はせいぜい長くて2~
3頁、短い項目はわずか2~3行のモノもある。
頁をめくって興味を引いたものだけを読んでいる。

今日の記憶に残った3つ項目は・・
・老後の暮らしは十人十色、百人百通り
・世の中がぎくしゃくする理由
  著者は言う“世の中は誠実で完全を望む人が揃っている
  からだ。どうなったって、自分の知ったことかと思っていれ
  ば、何が起ころうと腹も立たずに済む”
・係わりを持たなければ、相手はよく思える。
  そう、相手に係われば、当然相手の実態が見えてしまう
  からね。私自身の戒めにも「係り過ぎない」があるよ。




« 月明けて暦の薄さ肌に染み | トップページ | わが家ではスマフォ経読むご仏前 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月明けて暦の薄さ肌に染み | トップページ | わが家ではスマフォ経読むご仏前 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本