2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 後追いの保険が避けるリスク層 | トップページ | 危険度を数字が示す冬の朝 »

2021年12月 2日 (木)

特権を俺に教えた物語

  『終わった人』(内館牧子著、講談社版)を読み終わった。
12月に入り初めて読み終わった本だ。

小説の筋は、盛岡出身の田代壮介は東大法学部卒のメガバンク
の行員だった。役員一歩手前で社員30名の子会社の専務取締役
に出向を命じられ、そこで63歳の定年を迎えた。
ここから66歳までの葛藤、成功、破綻などが書かれた小説だ。

エリートサラリーマンの定年後の話として、特に特異とは思わない
が、所々に記述されている彼が感じた事については、なるほ
どと思
うことが多々あった。主人公を通じた作者の内館氏の思いかも知れ
ない。

一例を挙げさせていただく。
"先が短いという幸せは、どん底の人間をどれほど楽にしてくれるこ
 とだろう。いや、その幸せはどん底の人間でなくても、六十過ぎには、
 すべて当てはまる。先が短いのだから、好きなように生きよ」 という
 ことなのだ”

"嫌いな人とはメシを食わず、気が向かない場所には行かず、好か
 れようと思わず、何を言われようと、どんなことに見舞われようと
「どこ吹く風」で好きなように生きればいい。
 周囲から何か言われようが、長いことではないのだ。「どこ 風」だ。
 これは先が短い人間の特権であり、実に幸せなことではないか”

 

 

 

« 後追いの保険が避けるリスク層 | トップページ | 危険度を数字が示す冬の朝 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 後追いの保険が避けるリスク層 | トップページ | 危険度を数字が示す冬の朝 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本