2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 信州馬今も北風に慄く | トップページ | 歳末の日の出は今朝も世を照らす »

2021年12月27日 (月)

このマスクアホのマスクと言い換える

  26日に放送のサンデーモーニング(TBS系)での、ジャー
ナリストの青木理氏の発言がネットで話題になっている。
氏は「アベノマスク」を「天下の愚策」と表現した件だ。
私も青木氏の意見に賛成だ。(掲載記事はこちら
ただし、この意見は少数派だという。悲しい現実だね。

私も番組を視聴したが、氏の発言は至極ごもっともに聞こえた。
確かに、500億円を超える調達費用や、半端な金額でない在庫
処分費なども目に余るが、それ以上に、新コロナ対策で初期対
応に遅れをとっ政策ミスをカバーしようとした拙速な
政治判断
が招いたと思うからだ。初期対応の第一歩として愚策だった。

それにマスク配布は首相の職務ではない。
もっと大局的な立場で、感染を防ぐ政策を立てるのが職務だ。
いくら緊急対応としても15%の不良品は大きすぎる。
こんな愚物を供給する官僚組織って一体何だろうか。

わが家のアベノマスクは、応急薬箱と一緒に片隅に眠っている。
大きさも小さく実用に適さない。首相判断の天下の愚策物とし
て価値が出てくるまで待つことにしようかな。

 

 

« 信州馬今も北風に慄く | トップページ | 歳末の日の出は今朝も世を照らす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信州馬今も北風に慄く | トップページ | 歳末の日の出は今朝も世を照らす »

無料ブログはココログ

お気に入りの本