2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

家族

2017年7月21日 (金)

 今ピークならばこれから落ちるだけ

  娘からメールが入った。

入学して、初めての通知表をもらった孫娘H、オール〇だったという。
今の評価は〇と△だけだそうだ。
まあ、これからの子ども達、スタートは全員〇でいいんじゃないかな。

それに・・Hは男の子のモテモテだと娘はメールに書いている。
「今が人生のピークなら先行きが心配だ」・・と娘は言う。

あの、楽天的で賑やかなHがモテないはずはない(欲目かな)と、思っ
ていたので、モテないよりモテる方がよっぽどいいね。

今の段階では、相手を好き、嫌いで分ける必要がないと思うよ。
八方美人でOKだ。来月にHはやって来る。待っているよ。








2017年6月24日 (土)

四股踏んでガッチリ受ける孫のハグ

  今月は孫のHと未だ会っていない。
先月は中旬に会ったきりだから、もう1ヵ月も会っていない。

そんなことを考えながら、葦簀を取り替えていたら、今日、H一家が
家へ来るよと電話があった。・・と、カミさんから聞いた。

Hは4月に小学校へ入学して3ヵ月、また一回り身体が大きくなった。
いつものことだが、「オジイチャン、抱っこして」と飛びついてくる。

多分、体重は20kgを越えているだろうね。
この重さが飛びついてくるのだから、足腰を踏ん張って受けねば・・。
毎朝のストレッチの効果が発揮される瞬間だ。でも嬉しいね!

夕食後は花火に付き合った。後片付けもきちんとできて躾も上々だ。
短い時間だったが至福の時間だった。またおいで、待っているよ。


写真:わが家のワンちゃんと遊ぶH
    Img_40871

2017年6月11日 (日)

百歳と2歳が挟む家族歴

 信州・菱野温泉の朝は気持良かったね。
ワンちゃん2匹も、車中でグッスリ眠れたようだ。

早朝の5時半から散歩、薬師堂にお詣りしてから車道を上ってみた。
巨大な大学の研修施設があった。グランドから見下ろす景色は抜群!

ホテルに戻ると、カモの群れがホテル前の池に出勤して来た。
このカモたち、幼い時は下界の田んぼ(五郎兵衛米の産地)で、田の除草
をしていたが、長じて除草をしなくなったので、ここで餌付けされているとか。
今では、ホテルの大切なスタッフとか・・。とにかく人なつっこい!

記念写真撮影後、この日は車で1時間足らずのカミさんの実家に寄った。

義母は100歳を越えて、今、施設でお世話になっている。
カミさんの希望で、母への励ましが今日の目的だ。午前中に施設へ。

足腰は弱っているが、意識はしっかりしており大相撲の大ファンだそうだ。
義母は和やかに迎えてくれた。満面の笑みがいいね。しっかりと握手!

この施設は素晴しい。それにスタッフの皆さんの声かけが実に気持良い。

昼食は、義弟夫婦がコース料理を用意していてくれた。
すぐ後に母親に連れられた、義弟の孫のHちゃん(2歳4ヶ月)が到着。

やはり、幼い子が入ると座が一変するね。
皆の視線が一度にHちゃんに集まる。もっともHちゃんは戸惑っていたけど。

お天気は良し、2歳から100歳までの世代も見られた楽しい日だった。
いろいろな手配や散財をかけた義弟一家の皆様に厚く御礼申し上げます。

   菱野温泉薬師館のカモたち(この倍以上がいる)

  Img_40691

      カミさんの弟の孫のHちゃん
  Img_40771

2017年6月10日 (土)

亡き父よあんたの子らも老いました

    亡父の三十三回忌法要で古里の信州へ帰った。
亡くなって30年以上、最年長の曾孫も10歳、わが兄弟姉妹4人も老いた。

法要は30分足らずで終わり、墓参りを済まし兄弟家族共々小諸市菱野温泉へ。
いろいろ手配をしてくれた弟夫婦(跡取り)に感謝、父の法事はこれが最後だね。

上信越自動車道小諸ICから浅間山方面へ急坂を上って15分、宿へ着いた。
宿泊は菱野温泉薬師館。にぎやかな一族会になった。

それぞれ入浴、散歩、わが家族はワンちゃん連れの散策、そして懇親会、語らい
で夜は過ぎていった。ここは海抜千メートル、涼しいどころは寒いくらいだ。

妹は、小学校4年生の孫が付き添いだ。孫にアレコレ意見される妹を見ていると
改めて歳月の流れの速さを感じたね。

          宿泊した菱野温泉薬師館

  Img_40661_3 

    ホテル横の薬師堂から眼下を1臨む
   Img_40651_2 

     薬師堂のワンちゃん達(車中泊まりで
  Img_40641_2  

2017年5月16日 (火)

ブログでも自分の孫は褒めにくい

  新入学の孫娘Hを学校に迎えに行った。Hが入学して初めて。
娘夫婦が仕事で、またカミさんの都合がつかず、私が名乗り出たワケ。

1.5時間かけて、電車と徒歩で学童保育の建物へ。
名前を呼ばれてニコニコ顔で出てきた。
外から1年1組の自分のクラスを、その前の校庭に作られた花壇にHの
植えた花を私に紹介、小学校生活も順調なようだ。

手をつないで街を歩く。孫とのデートも悪くない。

Hの家で暫く休憩、次いで車でスイミング教室へ。
車を降りれば、そのままスタスタと1人で更衣室へ、私は見学室で水着
姿のHを眺めるだけ・・。バタ足の練習をしているらしい。

終わって近くのコーヒーショップで夕食を2人で摂った。
自分で好きなものを頼み、呼び鈴を押す。手慣れたものだ。

幼いながらながらも、祖父への心配りも忘れない。
でも、その陰にはお菓子または玩具のおねだりが見えるけど・・。

つい6年前には、お乳を飲んでいた赤ちゃんが・と思うと愛おしい!

Hを送って行ったら、婿殿が帰宅していた。これでHとのデートは完了。
濃厚なチューをほっぺに受けて、ホンワカ気分で私は電車に乗った。

   Img_40491_2

2017年4月18日 (火)

明朝は孫の相手で出かけそう

 夜は至福の読書時間だ

やっと、自室で読み始めた所へカミさんが入ってきた。

聞けば都下に住む娘から電話があり、孫娘Hが熱があるという。
そのまま熱が続けば、明日の登校はムリ、ついては応援頼むと
いうわけ・・。Hは小学校の一年生になったばかりなんだ。

カミさんは、毎週水曜日は予定が入っている。
「どうしようか?」という問いかけは、私に行けということだね。

特に、予定がないので引き受けざるを得ない。
自分一人での孫のお守りは初めてだけど、何とかなろだろう・・。

明日の起床は4時ということだね。起きられるかな!

2017年3月18日 (土)

ありがとう立派に育てていただいて

   孫が通っていた保育園の卒園式に行ってきた。
卒園数は32名とのこと。

卒園式は、まず卒園する園児の入場、園児1名ずつが園長が立つ壇上へ上がり、
将来どんな職業に就きたいかを述べる。続いて園長から卒園証書を授与される。

その後に園長講話、卒園園児担当保育士の話、保護者代表の謝辞、花束の贈呈、
卒園記念品の授与など、そして園児の合唱が数曲続いて式は終わった。

合唱曲は、子供らしい心打つ別れの歌ばかりだった。
こんな場で教育勅語など聞いたらたまらないね。

良かったのは、政治色がなかったことだ。7月には都議選があるからね。
選挙目当てらしい、それなりの地域名士などの祝辞がなかったのは大歓迎だった。
祝電も披露されたのは、保育士OBからのみだった。

卒園式の次は謝恩会だった。
中でも思いで深かったのは、6年間の成長記録をまとめたビデオだった。
乳幼児が育って行く過程を時間を縮めて見るのはホントに感激ものだった。
やはり子供は社会が育てるという気がした。

ありがとう、園の皆様、お友達、ご父兄の皆様、地域の皆様へも感謝です。

写真:孫が将来の希望を発表している風景、(後ろ中央が園長先生)

    ケーキ屋をやりたいと言った。

   Img_39871_2




2017年2月27日 (月)

ありがとう赤子ここまで育てられ

 都下に住む娘から孫娘Hの写真が送られて来た。

写真館で保育園の卒園写真を撮って来たという。
おしゃれをして、ちゃっかりとカメラに収っているのは間違いなくHだ。

生後半年後から6年間、保母さんやまわりの方々のお力で大きくな
りました。感謝イッパイです。(写真の不鮮明はご容赦)

      
Img_39781_2



   




 

2017年2月24日 (金)

笑顔よし100年生きた義理の母

  今日は義母の誕生日だ。1917年2月24日生まれだからちょうど100歳だ。

故郷の義弟からカミさんに送られてきた写真には、画面いっぱいに笑顔が
溢れていた。本当におめでとうございます。

自分たち夫婦が会ったのは昨年だった。
その時も、こちらの顔と名前を全部覚えていたから、今でも同じだと思う。

私やカミさんの身内で100歳に達したのは義母が初めてだ。
義母の面倒をみていただいている義弟一家には感謝しています。

さっきまで吹いていた北風が止んだ。
きっと故郷の空も晴れ渡っていると思う。お元気でお過ごし下さい。

2017年2月18日 (土)

乳飲み子が6年経って太鼓打ち

   カミさんと孫娘Hの保育園のお遊戯会に出かけた。

年長組のクラス、これが保育園最後のお遊戯会だ。4月にはクラス全員が
小学校に入学する。

父兄の指定席は抽選で決まる。婿さんが最前列の父兄席を当てたので間
近に園児たちの演技を見ることが出来た。

太鼓打ち、劇、コーラスの内容で楽しませてくれた。

演技を指導された保育士さんの苦労は大変だったと思う。ご苦労様でした
お陰様で生後半年から6年間の成長の結果を見させていただいた。

  Img_39661_2








より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本