2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

家族

2021年12月31日 (金)

姦しましさ乗せて車は次へ行く

  2021年の大晦日、この日の正午で家族が揃った。
長女一家は昨夜から、この日次女が加わって女4人に男2人の
集いとなった。孫は1人で11歳の女の子、小学校5年生だ。

男は私と娘ムコどの2人。
この構成では、私もムコ殿も無口にならざるを得ない。
それほど女たちの話は弾む。孫娘は1人でゲームを楽しむ。
そこへ長女持参の酒が入る。私もお相伴に与る。
熱気が室内に籠るのは、暖房だけではなさそうだ。

私ら夫婦、結婚以来半世紀経つけれど、こんな情景を味わうこ
とを、当時想像しただろうか? 

長女一家は、先ほど車イッパイに賑やかさ詰めて、ムコ殿の実
家へ出かけて行った。近県だからそう時間はかかるまい。
気を付けて運転してね。

孫とは来春早々に会う約束をした。指切ったから忘れないでね!













 

2021年12月30日 (木)

今風に塾を済ませて孫が来る

  間もなく孫一家がやって来る。
この年末年始は、両親が長い休みを取れないらしく、わが家に
は1泊だけの滞在となった。それでも孫の来宅は嬉しい。

普段はJJBBだけのわが家、隅々まで掃除が行き届いていない。
そこで今日は、掃除に精をだした。風呂掃除、家具の配置替え、
廊下や玄関、キッチン、脱衣所などの床の拭き掃除だった。
1番辛かったのは、屈んでの雑巾がけだった。明日が心配だ。
なにしろ屈んで雑巾をかけるのは、中学校の掃除以来だろう。

そして、掃除が終わればカミさんと買い出しへ。
カラのリックサックを背負って行った。私がこれで重量物を、
その他をカミさんが自転車で運んだ。逆だと思うが仕方ない。

さて、そろそろ来る頃かな。待ち遠しい。

2021年9月19日 (日)

ジジババに余韻残して孫帰る

  今朝は、少し歩いた先のコーヒーショップで皆で朝食をしよ
うと、昨夜のうちに決めていた。
店は7時開店だから、7時過ぎに家を出ようと言っておいた。

ところが、8時を過ぎても孫のHは起きてこない。
8時過ぎに娘に訊いたら、まだHは夢の世界だという。
まだまだ起きそうにないから、そっちだけで行ってくれという。

期待していたのに見事に裏切られたね。
そういえば、Hは朝が苦手だと言っていた。そのとおりだった。
身体のために少しでも歩いて欲しかったのに・・。
こっちは、窓際の席で朝日を浴びながら食事した。快適だった。

バアに作らせたブランチを済ませて、母子は帰っていった。
生活のリズムが世代間で異なるのは仕方がない。
ジジババにきちんとした挨拶が印象的だった。

また、おいで! こっちはいつも待っているよ。



 

2021年9月18日 (土)

どんな世に生きるか孫の成人後

    当地では台風14号の直接の影響はなかった。
長崎に上陸して以来、関東地方を目指したように見えたが、進路
が南に多少ずれたらしい。それに温帯性低気圧に変わった。

そんなお天気模様の中、都下に住む娘と孫娘のHの母子がわが
家に帰省してきた。新コロナ禍で、今年の夏休みは巣ごもり状態
で過ごしたという。出かけても近くの自然の川べりだったそうだ。

カミさんが何回もLINEで帰省を促していた。来週にはHが11歳の
の誕生日を迎える。お祝をしようと呼びかけてやっと実現した。

わが家に現れたHは、一段と背が伸び逞しくなったようだ。
私らは決して口にしなかったが、多少、横幅も広がったように見え
た。娘が言うには、下校後や休日に殆ど外には出ないらしい。
Hに限らず、友だちも家に籠ってゲームに打ち込んでいるそうだ。
この日も、Hはゲーム機を持参して来て、友人たちとオンラインで
ゲームを楽しんでいた。老人世帯では考えられない状況だ。

よく食べ、聞かれたことには愛想よく答え、買い物にも付き合って
くれた。お陰で和やかな雰囲気を楽しむことができた。ありがとう。




 

2021年9月12日 (日)

ジジババに少し遅れて夏が来る

  この週末に孫が来るという。
ただ1人の孫で、彼女は小学校5年生で都下に住んでいる。

コロナ禍の影響か、孫の一家は夏休みにも帰省しなかった。
今月下旬、彼女は11歳の誕生日を迎える。
会うのは正月以来だね。
そろそろ幼年期から脱皮する頃だ。どんな娘に育っている
か会うのが楽しみだ。

新コロナの感染者、下降気味とはいえまだまだ油断は禁物。
しっかりと感染予防(マスクなど)をしていらっしゃい。

 

2021年4月 5日 (月)

さすがだねジイも見取れる孫写真

  長女がが1枚、孫の写真を送ってきた。
孫のHが羽織袴姿で写っている。とても小学5年生には見
えない。まったく成人式スタイルだ。

娘一家が住む都下の町には、半成人式という祝い事があり、
その祝いで撮ったそうだ。すっかり見取れてしまった。

本ブログにも載せようと思ったが断念した。
シッカリとJJBBの宝としてスマフォに収め、後生大事に懐
で守ろうと思う。ここまで来ればジイ冥利に尽きる。
 今は、見せたくもあり見せたくもない心境だ。

 

2021年3月21日 (日)

その話ついて行けないジジ孤独

   風雨が強い1日だった。

長女一家が昨夜からお泊まり、今朝は次女が駆け付
け賑やかな1日となった。

それぞれが持ち込み、それにカミさんが用意した食べ
物が溢れたが、わが夫婦は老齢、娘2人とその連れ合
いは中年、小4の孫娘はそろそろスタイルを気にし出
していて食べる量は控えめだ。いや食い切れないんだ。

娘2人は話に夢中、それに加わる長女の夫、孫はタブ
レッドで動画に夢中、ジジババは聞き役か専ら犬の世
話に明け暮れた。その後は長女夫婦はショッピングモ
ールへ、次女は犬のトリミング。孫は相変わらずタブ
レッドか読書だ。

夕食に出前の寿司を食べて帰って行った。
1ケース以上のビールを飲み、カラ缶を大量に残して
のご帰還だった。それでも親に会いにきてくれるのは
嬉しい。

2021年2月12日 (金)

正月を忘れた頃に孫が来る

  娘からLINEでメッセージが入った。
来週末に孫同伴で来たいという。ご都合は?

もちろんOKだ。
正月以来、2ヵ月ぶりの里帰りだね。

外に出ても、滅多に知り合いに出会わないね。
ご近所の井戸端会議風景も余り見かけない。
いつまで続くコロナ禍、孤独が蔓延している。

こんな時、孫の来宅は嬉しい。
待っているよ!


2021年1月 4日 (月)

戦略を練られて贈るお年玉

    里帰りしていた娘一家が一泊して昨夜帰った。

小学4年の孫Hに、しっかりとお年玉をねだられた。
婿さんの実家では「幾らもらったの?」と聞いたら祖父
母から1人当たり5千円、計1万円だと言う。

当方、私とカミさんで合せて5千円を予定していたが、あ
わてて不足分を追加して渡した。
Hは何か買いたいらしい。その為に貯金をしているという。
それにしても、小学生に5千円とは多すぎると思うね。

わが家は、孫1人だから出費はそれほどでもない。
向かい側のお宅はの孫数は計6人だ。大変だね。

まあ、しっかりと金銭感覚を身につけてほしいものだ。




2020年11月29日 (日)

孫は食べ娘掃除の里帰り

 昨夕、来宅した娘は、いつも朝食は食べないそうだ。

娘は遅く起きてきた孫に「昼食は回転寿司へ行こう」と言う。
だから「朝食を食べるとお寿司が食べられなるから、朝はあ
まり食べないで」と口説いている。
・・と、いうことで昼食は、私の運転で回転寿司店に行くこ
とになった。

娘はカミさんに、家の中の片付けをしよう」と言う。
表面的は里帰りは、老親の家の掃除にあるから当然の発言だ。
カミさんは、沽券に関わるのか、なかなか尻を上げない。
渋る母親の動かして、廊下にある押し入れの整理を始めた。
「自分の家も掃除しないで、実家の掃除とは片腹痛い」のだ。

ものの30分で、押し入れの整理は終わった。
ゴミに出す物が大量に出た。なまじ、こうした片付けには、
情け容赦なく整理してくれる人が良いね。ご苦労さん!

4人で回転寿司店へ行った。
イヤ! Hの食べっぷりには驚いた。
ダイエットするんだと言っていたが、そんなことは忘れて
食べまくった。それでなけりゃよさこいダンスと体操の教
室はもたないと思うよ。

こうして、孫と楽しんだ週末は終わった。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本