2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

グルメ・クッキング

2011年8月30日 (火)

中高年インド料理に舌づつみ

  地域の8人の仲間とインド料理を楽しんだ。

店は東武伊勢崎線武里駅西口前の「ニュージュンタラ武里店」、生粋のインド人が経営しているらしい。こじんまりしたイイ店だ。

インド料理はカレーやナンを何度か食べたことがあるが、その他の本格的な料理は初めていただいた。カレー、サラダ、トリ料理、エビ料理などメニューも豊富で美味しかった。

それにビール、インドビール、ネパールビールを初めて飲んだ。

食べ、飲み、聞いて、しゃべって2時間余り、お腹イッパイ、食べ放題、飲み放題で3500円。

店まで往復自転車で1時間余り、結構イイ運動になった。

2010年12月 5日 (日)

昼食にこのうどん

101205_2 よく晴れたこの日、カミさんと買物と昼食をすべく自転車で出かけた。頬にあたるちょっと冷たい風が心地よい。

正午過ぎに「武蔵野 腹いっぺえうどん 大島屋」の店に入った。前にこの店に来たとき他の客が食べていたうどん「富士豚こくうどん」850円を注文してみた。カミさんは別の軽い煮込みうどんにした。

写真(携帯で撮影)で見るように、もやしが山のように積み上げてある。別の食器に移してレンゲでスープをすくいうどんにかけて食べるのだが、もやしで腹いっぱいになってしまった。

上のもやしの下にはラーメン丼いっぱいのうどんが詰まっていた。さすがに多すぎ、カミさんに助けを求めた。この歳でこの量はムリ、正真正銘の上げ底でない「腹いっぺえうどん」、夕食も普段の半分程度しか摂れない始末だった。

2009年11月17日 (火)

佐野ラーメンを食べる

 15年のお付き合い、お世話になった愛車との別れが近づいてきました。

明日、明後日は出張で不在、20日が廃車手続き予定です。

最後のドライブにカミさんと出かけました。一緒に旅をしたチョビ(2009年9月19日死亡)とジュリー(2007年2月4日死亡)を思い出しながら・・・・

あいにくの雨、一緒に歩いた佐野のみかも山はアキラメて、佐野ラーメンを食べることにしました。
佐野といえば、いつも行く「おぐら屋」のラーメンと餃子が旨い!

両方で1人1,000円で若干お釣あり・・。

満腹でご帰還、車中、カミさんはグッスリとお休みでした。

2008年12月 9日 (火)

下町かっぽう・しゃぶしゃぶ「だら毛」

 “下町かっぽう・しゃぶしゃぶ 「だら毛」”とは東京・大田区のJR大森駅東口にあるしゃぶしゃぶ店です。

この店を経営するのは㈱ティオスグル-プといい、ホテル、クラブ、BAR、焼肉店など12を越える業態を抱える企業です。

きょうはこのティオスグループの若き石橋社長とお会いし、ネット販促物のご注文をいただく交渉をし、良い結果をいただきました。

地元では評判のグルメ通のためのお店ですね。皆様のご来店をお待ちしています。

2008年8月26日 (火)

「つばめ」は美味しい

 夕方から東京・品川駅近くの会社でビジネスの打ち合わせをしました。

取引先の社長さんが食事をということになりホッとしました。
行った先が品川駅前の「つばめグリル」でした。

既に満席で空席待ちの列ができています。人気が高いんですね。それでも10分程で座れました。

ここの洋食は美味しいですね。キッチンが1階の半地下正面にあり、待ち時間中にキビキビした調理が見えるのも楽しいものです。

お勧めレストランです。

2008年7月 2日 (水)

さくらんぼ「紅秀峰」

  佐藤錦といえば「さくらんぼ」ですね。

山形にご縁がある方々から「さくらんぼ」を送っていただきました。
最初に届いたのが、お馴染みの「佐藤錦」です。これは美味しくいただきました。

次にいただいたのが佐藤錦に比べて、赤みが濃く、歯ごたえがあり、粒も大きいさくらんぼで別の美味しさがありました。同封されていた説明書によると「紅秀峰」とあります。初めて聞く名前でした。

佐藤錦と天香錦をかけ合わせた山形生まれのさくらんぼだそうです。
果樹の栽培も常に品質改良の努力がされているんですね。頭が下がります。

コスモスの花を見かけました。 080702_3

2008年2月21日 (木)

初めての静岡おでん

 出張先で買ってきた「静岡おでん」を食べてみました。おでんタネが入った密封された袋を沸騰したお湯で8分間温めるだけの物です。串刺しではありません。

特徴は汁が黒いのが特徴です。黒いのは黒はんぺんが入っているから。現地では食べたことはありませんが種を串刺しにして煮込むそうです。また牛スジが入っているのも珍しい。

タネをお皿にとり、みそ、けずり粉、青のりを振り掛ける。 カラシもご一緒にとのことです。

味はどう? 美味しかったですよ。

2008年1月20日 (日)

お奨めの日本酒

 ご挨拶に伺ったお宅で物すごく美味しい日本酒をいただきました。埼玉県秩父市の富田商店の「秩父錦甕口酒」です。

普段はビール、焼酎党で、日本酒は年末年始を除いていただきません。ご主人に作っていただいた「フキノトウ」(もう春ですね)の味噌あえなどを肴に楽しいひと時を過ごしました。
2/3ほどビンに残ったこのお酒をいただいてきちゃいました。きっとお酒と別れる未練さが顔に出ていたのしょう。

暖かい日差し、美味しいお酒、季節感溢れるお料理、最高のおもてなしに感激です。

無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 池井戸潤: ロスジェネの逆襲
    この著者の読んだ本はこれで4冊となった。本書は半沢直樹が、出向した銀行子会社の証券会社で頑張る話しだ。喧嘩相手は出向元の銀行証券部、相変わらずの切れのよい活躍で読んでいて気持がよい。 (★★★)
  • 仁木悦子: 仁木兄妹長編全集 2冬・春の巻
    仁木悦子の長編、「棘のある樹」、「黒いリボン」、「あおい壁」の3編を載せている。「あおい壁」は悦子自伝小説とあるとおり、主人公を女性に読み替えれば著者の自伝となる。病気で障害を負って生きる主人公が活き活きと描かれている。 (★★★★)
  • 松吾伍一: 快老のスタイル
    詠まれた詩から、老境の心境を8章に分けて解説したもの。いくつかの詩が心に残った。 (★★★)
  • 池井戸潤: 銀翼のイカロス
    日本航空の経営危機を仿佛させるような小説だった。痛快銀行員の活躍といったところか。これでこの作者の読んだ本は3冊となった。 (★★★★)
  • 乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ

    乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ
    2017年9月15日付のブログに関連記事を掲載 (★★★★)

  • 朝井 リョウ: スペードの3

    朝井 リョウ: スペードの3
    2017年9月6日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)

    あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)
    この著者の本を読むのは初めてだ。、物語は八章あるうちの七章目で、一挙に全容が明らかになる。機会があればこの作者の時代小説をもっと読んでみたい。 (★★★)

  • 曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録

    曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録
    2017年8月24日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)

    中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)
    2017年8月18日付、ブログに関連記事を記載 (★★★★)

  • 仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻

    仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻
    この作者の本を読むのは初めてだ。推理小説10編が載っている。空いた時間に読むにはうってつけだった。いずれも小学生が探偵になっている。 (★★★)

  • 名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)

    名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)
    「減らそう、手放そう、忘れよう」人生には、気にしないほうがいいことが、沢山ある。『気にしない人』になるには、ちょっとした訓練が必要。そんなトレーニング法100余項目を仏教的視点から説いている。 (★★★)

  • 江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力

    江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力
    2017年7月29日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民

    シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民
    2017年7月22日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

    ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
    「儒教の呪い」とは何か、儒教の陰謀は現在進行中、など5章にわたって日本人と中国人・韓国人の文化的背景を述べている。特に目新しい内容ではないが、米国人だけあって明快な分析で読みやすい。 (★★★)

  • 斎藤茂太: 楽天的になれる本

    斎藤茂太: 楽天的になれる本
    精神科医、斎藤茂太さんの人生読本。「人生を楽天的に変える言葉」などの6章で構成されている。最後は、良寛の生き様を例に引いて「大きな喜びと小さな欲、これが心を軽くする秘訣」で結ばれている。 (★★★)

  • 門井慶喜: 家康、江戸を建てる

    門井慶喜: 家康、江戸を建てる
    2017年7月9日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 岸見 一郎: 嫌われる勇気

    岸見 一郎: 嫌われる勇気
    2017年7月5日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★★★)

  • 阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)

    阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)
    時の試練をくぐり抜け、ますます切れ味鋭くなった傑作ジョーク五百余編。隠し味の毒スパイスが、かえって薬になるか?(カバー裏より) (★★★)

  • 藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する

    藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する
    本書は「これまでの仏教」をいかに伝承し、そこから「これからの仏教」をいかに創造していくかという問題意識を表明している。そろそろ仏教のアップデートが必要だと提言しているわけだ。それにしても私には難解の書物だった。 (★★★★)

  • 垰野 堯: 我流老人

    垰野 堯: 我流老人
    表紙に「気にしない! 気にしない!」とあるが、老人が気にする項目を挙げて、老いを生きるノウハウが単刀直入に書かれている。2017年6月8日付ブログに関連記事を掲載。 (★★★)