2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

スポーツ

2017年9月24日 (日)

それなりに場所を沸かせた大相撲

   大相撲の秋場所千秋楽、優勝は横綱日馬富士だった。

秘かに豪栄道の優勝を願っていたのだが、その思いは届かなかった。
終盤の2連敗が響いたようだ。
それにしても、昨日、今日の日馬富士の勢いが凄かった。
これで1人横綱だった日馬富士、優勝して面目が立ったわけだ。

中盤は若手力士が活躍して大いに場所を盛り上げた。
終盤で息切れしたようだが、今後が楽しみだね。

応援している郷土力士の御嶽海は、辛うじて嘉風に勝って勝ち越した。
今場所の相撲を見ている限りでは、まだまだ大関は遠い気がする。

26日は、相撲通の友人とイッパイやることになっている。
きっと詳しい説明があるはずだ。






2017年8月31日 (木)

静けさやサッカー試合闇を裂く

   今日で8月は終わり、早いもので明日はもう9月だ。
急に今日から気温が下がり、半袖シャツでは寒いくらい、秋も近い。

今、FISAワールドカップ アジア最終予選「日本×オーストラリア」戦
をテレビで観ている。前半戦が終わり1-0で日本がリードしている。

まだまだ波乱が続き、予断を許さないが、日本の勝利を願っている。
わが家から数キロしか離れていない所で、大観衆の中で熱戦が行わ
れていると思えない。窓からは虫の鳴き声が聞えるだけだから・・。

それに、カミさんが暑気払い(残暑払いか)で留守にしている。
そのせいか、テレビだけががなりたてているばかりだ。

サッカー試合を観ながら、明日の川柳会の準備をしている。
曜日の関係で、月初め1日が開催日となった。

明日提出する3句を清書しなければならない。書きためた中から適当
に選ぼうと思う。

試合は後半戦に入った。ガンバレ ニッポン!

2017年8月23日 (水)

知らなんだこんな近くに優勝校

  果たして、こんな大差で優勝するなんて誰も考えてはいなかったはず・・。

甲子園の高校野球決勝戦、14対4で花咲徳栄高が広陵高を制した。
埼玉県代表、初の全国制覇、県の高校球史に新たな1頁が加わったね。
それにしても、良く打ち、良く走り、良く守った。
広陵高が浮き足だってエラーを多発したのも、大量点につながったと思う。

花咲徳栄高には、飛び抜けた選手はいなかったと思う。
選手がそれぞれの持ち味を出して点を取り、そして投げた。
チームがまとまっていたわけだ。

鬱陶しい今年の夏に、楽しませてくれた選手諸君に感謝したい。

2017年8月22日 (火)

テレビ前手に汗握る甲子園

   甲子園の高校野球、今日は準決勝戦だった。

第1試合の広陵対天理は良く打った広陵が勝利。

第2試合の花咲徳栄対東海大菅生は9-6で花咲徳栄が勝った。
この試合、打ち、打たれ、同点、延長・・と、なかなか面白かった。

9回ウラ、東海大菅生が6-6の同点に追いついて延長戦へ。
11回オモテに花咲徳栄が3点とって、そのウラを押さえて勝利。

点差のワリに緊迫したゲームだった。
なによりも、選手全員が力一杯ゲームに集中する姿がいい。

試合が終わって、プロ野球と違って何か清々しい気分になった。
明日は決勝戦だ。
今までの行きがかり上、花咲徳栄を応援する。
いい試合を見せてほしいね。

2017年8月20日 (日)

埼玉に深紅の旗を落ち帰れ

   甲子園の高校野球、埼玉県代表の花咲徳栄高が10-1で盛岡大附属高
を破ってベスト4に勝ち残った。

正直、同校がここまでやるとは思わなかった。

この試合、花咲徳栄高は初回に得点を挙げられなかったので、壮烈な打ち
合いになるかもしれないと思ったが、案に相違して大差がついた。

私は、試合途中でも安心して外出できたし、シャワーも浴びれた。
また、花咲徳栄高と私は特別な縁はないが、ここまでくれば地元の高校に
ぜひガンバッテもらいたい。

準決勝は東海大菅生高と当たるらしい。
こちらも試合巧者だ。
どっちが勝っても、東日本に優勝旗を持ち帰ってほしい。

2017年8月 8日 (火)

公立校ガップリ組んだ好試合

  予定より1日遅れて甲子園の高校野球が始まった。

第1試合の波佐見高校と彦根東高校の試合はよかった。
結果は、6-5で彦根東が9回ウラで逆転サヨナラ勝利だっだが、先行、逆
転、再逆転のシーソーゲームで楽しめた。

聞けば、両校とも、公立校(長崎県立と滋賀県立)だという。
公立、私立と区別する理由はないが、やはり公立には、私立とは違った制
約(例えば、広範囲から有望な選手を集められないことや、練習環境など)
があるのも事実だと思う。

似たような環境で育った選手たちが、ぶつかり合った好試合だった。
テレビで見ているだけで清々しい気分にさせてもらった。ありがとう。

さて、今日は、都下に住む孫娘が来るはずだが、午後9時半現在、未着だ。
私は、いつもはこの時間にはベッドで横になっているだが、しばらく起きて
いようと思う。


2017年7月16日 (日)

1つずつ消えて行く夢甲子園

  各地区で、甲子園を目指す高校野球の予選が続いている。
懸命に熱球を追う高校生の姿には感動がある。

あるアンケートでこんな質問があった。
 応援する順位は? ・・と、言う質問だ。

私は、1位は、出身県にある自分の母校
    2位は、住居県にある子供の母校
    3位は、住居県の代表校
    4位は、出身県の代表校
・・の順と答えておいた。

ところが、昨日、応援1位の母校が3回戦で負けてしまった。
しかも、昨年、負けた相手に・・。りベンジはならなかったようだ。
「悲壮の戦い利あらず・・」の応援歌、きっと現地に流れたはず。
また来年を目指し血涙を流す練習をしてほしい。

今日は、上の応援2位の学校が出場した。
シード校でもあり、8回コールド勝ちだった。
早くから私の楽しみを、奪わないでほしいね。


  

2017年6月16日 (金)

言い訳はバットで返せ山田君

  今晩のプロ野球・セパ交流戦、ヤクルト対日本ハム戦は面白かった。
私は、この両チームのファンだ。でも直接対決ならヤクルトを応援する。

この試合、日ハムが1点先取して以後、8回表終了までで日ハムが5-3でリード
していた。いつもなら、この時点でテレビ前から私は退去するところだ。

ところが虫の知らせか、そのままテレビ前に居座った。
8回裏、2アウトからヤクルトが5点を取って8-5で逆転、そのままで試合終了。
10連敗後の3連勝、つかの間の勝ちで終わらせないでガンバッテほしい。

気になるのは、ヤクルト山田哲人の打撃が振わない。2割1分台を低迷している。
ネットでは、
こんな情報が流れているが、これが低迷の原因とは思いたくないね。
結果はバットで返すしかないんだよ! 

2017年6月 7日 (水)

連敗でその名を残す人はだれ

   プロ野球セパ交流戦、西武対巨人、7日の20時8分現在、7回表が終わって
3-0で西武がリードしている。

今日、巨人が負ければ12連敗で、球団創設以来のワースト記録になるそうだ。

私はアンチ巨人派なので、通常は巨人が負ければいいと思っているが、セパ
交流戦ともなればそうも言っていられない。

わが応援するヤクルトも1引き分けを挟み6連敗中だ。情けない!

実力が伯仲して、熱戦が続かなければプロ野球ファンとして面白くないからね。

どうみても、実力はパ・リーグが上のようだ。
新入団の選手を地道に鍛えてきた成果が、パ・レーグに出ているようだ。

それに比べて、巨人は他球団からFAで実績のある選手を集めているが、これら
の移籍選手が今年は余り活躍をしていない。 子飼いの選手の活躍もイマイチ。

巨人の連敗は、カネで実力は買えない見本みたみたいなモノかも知れない。

セ・リーグガンバレ!

2017年5月21日 (日)

熊の鈴忘れ慌ててラジオつけ

  昨夜は長野駅前のホテルに泊まった。
早朝、ホテル近くのコンビニで食料を購入し、7時のバスで同市飯綱高原へ。

高校時代に、冬場のストーブのたき付けを集めに、付近の学友林に来たはず
だが、まったく歩いた道は覚えていない。冬期オリンピックもあったから周辺環
境も大きく変わっているのだろう。

さて、この日の目的は・・
最近、整備された飯綱高原ノルディックウォーキングコースを歩くためだ。
このウォーキングは、両手にそれぞれ杖(ポールという)を持って野山を歩く
ことだという。今日はこれに挑戦するわけだ。3km,と7kmのコースがある。
他に10kmのコースがあるというが、整備中とか、私は7kmに挑むことにした。

1組2本のポールはレンタルで貸してくれる。(1日500円、要予約)   

出発してから数分で大座法師池を3/4周する。
いきなり「熊出没」の表示、生憎持ち合わせがない。携帯ラジオをつける。
   
Img_40501 

大座法師池の最南端には、飯綱山の全容が迫る。
池端には、浮島が幾つかできていた。寒くなると水底に入ってしまうらしい。
   Img_40511

コース途中にあるトンネル、この手前には立派な乗馬場があった。
乗馬場の近くで7kmコースが無くなってしまった。表示がちゃんとあるのに・・。
まあ、いいか! トレッキングコースだから多少のトラブルは仕方ない。
   Img_40531

地図に従い、コースの最高地点(1084m)を経て、再び大座法師池の池畔へ。
快晴の日曜日、家族連れも多い。スワンボートも何艘か浮いている。
   Img_40551

さて、大汗はかいたが、まだ何か物足りない。
今度は、池を逆回りで1周することにした。これで3km歩行距離が延びる。

全身汗まみれで出発点のいこいの家へ。天然温泉(500円)で汗を流した。
ユックリあるいて4時間のウォーキングだった。

ポールを使うのと使わないのでは、疲労度が全然違うと感じたね。
足に疲れが残らないんだ。両肩に多少の筋肉痛を感じる程度だ。

ただ、カメラの操作やメモをとる場合は、いちいち手首の装備を外さないと
いけない。その度に小休止しているとリズムが崩れる。

ともあれ、またささやかな経験をすることができた。
今度はどこへ行こうかな・・。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 池井戸潤: ロスジェネの逆襲
    この著者の読んだ本はこれで4冊となった。本書は半沢直樹が、出向した銀行子会社の証券会社で頑張る話しだ。喧嘩相手は出向元の銀行証券部、相変わらずの切れのよい活躍で読んでいて気持がよい。 (★★★)
  • 仁木悦子: 仁木兄妹長編全集 2冬・春の巻
    仁木悦子の長編、「棘のある樹」、「黒いリボン」、「あおい壁」の3編を載せている。「あおい壁」は悦子自伝小説とあるとおり、主人公を女性に読み替えれば著者の自伝となる。病気で障害を負って生きる主人公が活き活きと描かれている。 (★★★★)
  • 松吾伍一: 快老のスタイル
    詠まれた詩から、老境の心境を8章に分けて解説したもの。いくつかの詩が心に残った。 (★★★)
  • 池井戸潤: 銀翼のイカロス
    日本航空の経営危機を仿佛させるような小説だった。痛快銀行員の活躍といったところか。これでこの作者の読んだ本は3冊となった。 (★★★★)
  • 乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ

    乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ
    2017年9月15日付のブログに関連記事を掲載 (★★★★)

  • 朝井 リョウ: スペードの3

    朝井 リョウ: スペードの3
    2017年9月6日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)

    あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)
    この著者の本を読むのは初めてだ。、物語は八章あるうちの七章目で、一挙に全容が明らかになる。機会があればこの作者の時代小説をもっと読んでみたい。 (★★★)

  • 曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録

    曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録
    2017年8月24日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)

    中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)
    2017年8月18日付、ブログに関連記事を記載 (★★★★)

  • 仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻

    仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻
    この作者の本を読むのは初めてだ。推理小説10編が載っている。空いた時間に読むにはうってつけだった。いずれも小学生が探偵になっている。 (★★★)

  • 名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)

    名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)
    「減らそう、手放そう、忘れよう」人生には、気にしないほうがいいことが、沢山ある。『気にしない人』になるには、ちょっとした訓練が必要。そんなトレーニング法100余項目を仏教的視点から説いている。 (★★★)

  • 江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力

    江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力
    2017年7月29日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民

    シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民
    2017年7月22日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

    ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
    「儒教の呪い」とは何か、儒教の陰謀は現在進行中、など5章にわたって日本人と中国人・韓国人の文化的背景を述べている。特に目新しい内容ではないが、米国人だけあって明快な分析で読みやすい。 (★★★)

  • 斎藤茂太: 楽天的になれる本

    斎藤茂太: 楽天的になれる本
    精神科医、斎藤茂太さんの人生読本。「人生を楽天的に変える言葉」などの6章で構成されている。最後は、良寛の生き様を例に引いて「大きな喜びと小さな欲、これが心を軽くする秘訣」で結ばれている。 (★★★)

  • 門井慶喜: 家康、江戸を建てる

    門井慶喜: 家康、江戸を建てる
    2017年7月9日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 岸見 一郎: 嫌われる勇気

    岸見 一郎: 嫌われる勇気
    2017年7月5日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★★★)

  • 阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)

    阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)
    時の試練をくぐり抜け、ますます切れ味鋭くなった傑作ジョーク五百余編。隠し味の毒スパイスが、かえって薬になるか?(カバー裏より) (★★★)

  • 藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する

    藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する
    本書は「これまでの仏教」をいかに伝承し、そこから「これからの仏教」をいかに創造していくかという問題意識を表明している。そろそろ仏教のアップデートが必要だと提言しているわけだ。それにしても私には難解の書物だった。 (★★★★)

  • 垰野 堯: 我流老人

    垰野 堯: 我流老人
    表紙に「気にしない! 気にしない!」とあるが、老人が気にする項目を挙げて、老いを生きるノウハウが単刀直入に書かれている。2017年6月8日付ブログに関連記事を掲載。 (★★★)