2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

スポーツ

2017年8月 8日 (火)

公立校ガップリ組んだ好試合

  予定より1日遅れて甲子園の高校野球が始まった。

第1試合の波佐見高校と彦根東高校の試合はよかった。
結果は、6-5で彦根東が9回ウラで逆転サヨナラ勝利だっだが、先行、逆
転、再逆転のシーソーゲームで楽しめた。

聞けば、両校とも、公立校(長崎県立と滋賀県立)だという。
公立、私立と区別する理由はないが、やはり公立には、私立とは違った制
約(例えば、広範囲から有望な選手を集められないことや、練習環境など)
があるのも事実だと思う。

似たような環境で育った選手たちが、ぶつかり合った好試合だった。
テレビで見ているだけで清々しい気分にさせてもらった。ありがとう。

さて、今日は、都下に住む孫娘が来るはずだが、午後9時半現在、未着だ。
私は、いつもはこの時間にはベッドで横になっているだが、しばらく起きて
いようと思う。


2017年7月16日 (日)

1つずつ消えて行く夢甲子園

  各地区で、甲子園を目指す高校野球の予選が続いている。
懸命に熱球を追う高校生の姿には感動がある。

あるアンケートでこんな質問があった。
 応援する順位は? ・・と、言う質問だ。

私は、1位は、出身県にある自分の母校
    2位は、住居県にある子供の母校
    3位は、住居県の代表校
    4位は、出身県の代表校
・・の順と答えておいた。

ところが、昨日、応援1位の母校が3回戦で負けてしまった。
しかも、昨年、負けた相手に・・。りベンジはならなかったようだ。
「悲壮の戦い利あらず・・」の応援歌、きっと現地に流れたはず。
また来年を目指し血涙を流す練習をしてほしい。

今日は、上の応援2位の学校が出場した。
シード校でもあり、8回コールド勝ちだった。
早くから私の楽しみを、奪わないでほしいね。


  

2017年6月16日 (金)

言い訳はバットで返せ山田君

  今晩のプロ野球・セパ交流戦、ヤクルト対日本ハム戦は面白かった。
私は、この両チームのファンだ。でも直接対決ならヤクルトを応援する。

この試合、日ハムが1点先取して以後、8回表終了までで日ハムが5-3でリード
していた。いつもなら、この時点でテレビ前から私は退去するところだ。

ところが虫の知らせか、そのままテレビ前に居座った。
8回裏、2アウトからヤクルトが5点を取って8-5で逆転、そのままで試合終了。
10連敗後の3連勝、つかの間の勝ちで終わらせないでガンバッテほしい。

気になるのは、ヤクルト山田哲人の打撃が振わない。2割1分台を低迷している。
ネットでは、
こんな情報が流れているが、これが低迷の原因とは思いたくないね。
結果はバットで返すしかないんだよ! 

2017年6月 7日 (水)

連敗でその名を残す人はだれ

   プロ野球セパ交流戦、西武対巨人、7日の20時8分現在、7回表が終わって
3-0で西武がリードしている。

今日、巨人が負ければ12連敗で、球団創設以来のワースト記録になるそうだ。

私はアンチ巨人派なので、通常は巨人が負ければいいと思っているが、セパ
交流戦ともなればそうも言っていられない。

わが応援するヤクルトも1引き分けを挟み6連敗中だ。情けない!

実力が伯仲して、熱戦が続かなければプロ野球ファンとして面白くないからね。

どうみても、実力はパ・リーグが上のようだ。
新入団の選手を地道に鍛えてきた成果が、パ・レーグに出ているようだ。

それに比べて、巨人は他球団からFAで実績のある選手を集めているが、これら
の移籍選手が今年は余り活躍をしていない。 子飼いの選手の活躍もイマイチ。

巨人の連敗は、カネで実力は買えない見本みたみたいなモノかも知れない。

セ・リーグガンバレ!

2017年5月21日 (日)

熊の鈴忘れ慌ててラジオつけ

  昨夜は長野駅前のホテルに泊まった。
早朝、ホテル近くのコンビニで食料を購入し、7時のバスで同市飯綱高原へ。

高校時代に、冬場のストーブのたき付けを集めに、付近の学友林に来たはず
だが、まったく歩いた道は覚えていない。冬期オリンピックもあったから周辺環
境も大きく変わっているのだろう。

さて、この日の目的は・・
最近、整備された飯綱高原ノルディックウォーキングコースを歩くためだ。
このウォーキングは、両手にそれぞれ杖(ポールという)を持って野山を歩く
ことだという。今日はこれに挑戦するわけだ。3km,と7kmのコースがある。
他に10kmのコースがあるというが、整備中とか、私は7kmに挑むことにした。

1組2本のポールはレンタルで貸してくれる。(1日500円、要予約)   

出発してから数分で大座法師池を3/4周する。
いきなり「熊出没」の表示、生憎持ち合わせがない。携帯ラジオをつける。
   
Img_40501 

大座法師池の最南端には、飯綱山の全容が迫る。
池端には、浮島が幾つかできていた。寒くなると水底に入ってしまうらしい。
   Img_40511

コース途中にあるトンネル、この手前には立派な乗馬場があった。
乗馬場の近くで7kmコースが無くなってしまった。表示がちゃんとあるのに・・。
まあ、いいか! トレッキングコースだから多少のトラブルは仕方ない。
   Img_40531

地図に従い、コースの最高地点(1084m)を経て、再び大座法師池の池畔へ。
快晴の日曜日、家族連れも多い。スワンボートも何艘か浮いている。
   Img_40551

さて、大汗はかいたが、まだ何か物足りない。
今度は、池を逆回りで1周することにした。これで3km歩行距離が延びる。

全身汗まみれで出発点のいこいの家へ。天然温泉(500円)で汗を流した。
ユックリあるいて4時間のウォーキングだった。

ポールを使うのと使わないのでは、疲労度が全然違うと感じたね。
足に疲れが残らないんだ。両肩に多少の筋肉痛を感じる程度だ。

ただ、カメラの操作やメモをとる場合は、いちいち手首の装備を外さないと
いけない。その度に小休止しているとリズムが崩れる。

ともあれ、またささやかな経験をすることができた。
今度はどこへ行こうかな・・。

2017年5月18日 (木)

ヒヤヒヤが2つ続いた今日の夜

   夕方5時を過ぎると落ちつかない。
大相撲の取り組みと、プロ野球の試合があるからだ。

大相撲は新横綱の稀勢の里の取り組み、プロ野球は巨人対ヤクルト戦だ。

まず、稀勢の里と千代翔馬の取り込み・・
結果は、寄り倒しで稀勢の里が勝った。それもヒヤヒヤの連続だった。
果たして、あと10日間、勝てるかどうかが心配だ。稀勢の里 ガンバレ!

プロ野球、巨人対ヤクルト・・
結果は1-0でヤクルトの勝ち、昨日に続いて連勝、ヤクルトファンとして嬉し
い。今日は1点差、巨人が安打数で勝っていただけにヒヤヒヤ続きだった。

今晩はユックリと眠れそうだね。

2017年4月11日 (火)

がんばったお疲れ様が皆の声

  テレビは今日も、現役引退を表明した浅田真央の番組で大いに賑わった。

内容は、感謝とねぎらいの声でイッパイだったといえそうだ。

人間の始めたことは必ず終わりがある。
自分で引退を決めたと思うが、自身が納得すればそれが最上の引き際だね。

まだまだ年齢は26才、先は70年もある。
これからの人生をしっかり生きてほしい、ご活躍を祈る。
できるなら、第二の真央を育ててほしいね。

大衆に華麗な姿で夢を与えてくれてありがとう。感謝しています。

2017年4月 2日 (日)

プロ野球勝った負けたの幕が開き

  選抜高校野球大会の決勝戦と同時に開幕したプロ野球。
開幕して3日目、今日はお天気も良く各地の球場は大いに賑わったようだ。

やはり、プロ野球が始まらないとテレビはつまらない。

私はヤクルトファンで。今日は午後からヤクルト対DeNA戦をみた。
結果は8-4でヤクルトの勝ち、延長11回ヤクルトの鵜久森の満塁ホームランで
サヨナラ勝ちした。昔からのヤクルトファンにはたまらない試合となった。

でもヤクルト、投手陣には一抹の不安が残る。
今の投手陣容で、長いシーズンを乗り越えられるか心配だ。奮起してほしい。
明後日からは、対阪神戦だ。2勝1敗ベースで行けば上出来だ。

巨人が中日相手に3連勝した。
パ・リーグはソフトバンクが3連勝だ。ベテランが活躍している。

一応、同一リーグの全球団と対戦すれば、ある程度の見通しは立つと思う。

写真:ウォーキング途中に見かけた桃の花
  Img_40001





2017年3月26日 (日)

逆境を跳ね返したね稀勢の里

   なんたって今日一の話題は、大相撲春場所での稀勢の里の優勝だろう。

大方の人たちは、左肩の負傷、昨日の鶴竜戦での敗戦からみて、照ノ富士の
優勝だと思っていたと思う。自分もそうだった。

そんな予想を裏切って、千秋楽の最後の一番で勝ち、優勝決定戦でも照ノ富
士を破った。両取り組みとも早めに右上手をとり勝負を決めた。

改めて日本人の底力をみた思いだった。
たたき上げで育った力士の意地なのかな、それにしても他の横綱さんはダメ
だったね。早々に負けが込んで優勝争いに加わらなかった。

稀勢の里と日馬富士戦、日馬富士の立ち合いは鋭かった。
あの力を、場所の初日から千秋楽まで維持できれば優勝できたはずだが・・。

2017年3月25日 (土)

郷土愛判官贔屓とごっちゃ混ぜ

  昨24日、大相撲春場所で横綱稀勢の里が対日馬富士戦で右肩付近を痛めた。

今日、その稀勢の里が出場した。案の定、横綱鶴竜に完敗、負けた彼の姿は痛
々しかった。でも、負傷しても出ようとする新横綱の気概には感心する他はない。

判官贔屓と言われようが、やはり私は日本出身のただ1人の横綱を応援したい。
明日の千秋楽、負けてもいいから15日間を全うしてほしいね。
来場所は必ずチャンスが回ってくるよ。

また、今日は同郷の御嶽海が勝ち越した。
信州ただ1人の幕内力士だと思う。時代の角界を担う力士だと思うから頑張って
ほしいと願っている。勝って一安心。これも郷土愛だろうね。

それにしても、一寸先は闇というが角界も例外ではないようだ。
魔物はどこにも潜んでいて不思議はない。気をつけようがない場合も多い。

生きとし生きる者、今の一瞬一瞬をきちっと生きるしかなさそうだね。
何かあったら乗り越えるしかないんだ。


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本