2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ニュース

2017年12月 6日 (水)

大相撲政治のうみを覆ってる

  この12月、新聞を2紙とっている。

A紙を止めて、3ヵ月毎に講読契約を更新しているM紙、それに新たに
読み始めたN紙だ。N紙は12月1ヵ月だけの無料配達だ。

両紙の夕刊が面白い。昨日のM紙の夕刊にこんな記事が載っていた。

タイトルは、『大相撲より「政界のうみを」!』
現状の各メディアの力不足を嘆いている。
 
記事の概要は・・
“各メディアは「大相撲騒動」の報道に血道を上げていて、政界のうみを
放置している。それでいいわけがない。日本は「封建時代の悪政」に逆
戻りしようとしている。”・・というわけだ。

具体的な事例として・・

明治初頭の「北海道開拓使官有物払い下げ事件」と「森友」を挙げている。
特に後者は、「インチキ払い下げ」を画策した役人が出世している。

こうした政治のうみをそっちのけにして、大相撲問題で聴視率を高めるた
めに血道を上げているのが、今のメディアの実態というわけだ。

ちなみにN紙の朝夕刊には、ここ数日間、森友問題についての報道は見
当たらない。新聞業界も同様だね。


2017年12月 4日 (月)

ミサイルと木造船で吠える国

  北朝鮮の木造船が多数、日本の海岸に漂着しているらしい。
特に松前小島に漂着した船の乗組員は、島の避難小屋から備品を
盗みだしたようだ。これはれっきとした犯罪だ。

彼の国のアンバランスの実態が目に見えるようだ。
冬の日本海は荒れる。沿岸の漁業権は中国に売却、困った漁民は
危険を承知の上で、木造の小舟で漁に乗り出すようだ。

要するに、30過ぎの若僧1人に世界が振り回されているんだね。
もし米朝間で武力衝突になれば、僅か数日、いや数時間で彼の国
は消滅するはず。それでも我が道を行く指導者とは・・。

日本の日本海沿岸に住む皆さん、怖いお気持ちよくわかります。
船を見たら、北朝鮮の船と思って対応された方が良さそうですね。





2017年11月30日 (木)

陰鬱なニュースと雨で終わる月

 11月は今日でお終い、明日はもう師走だ。
今、午後5時、細かい雨が降っていて陰気くさい。

殆どのメディアは、日馬富士の引退と北朝鮮のミサイル関連報道だ。
特に、午前中の民放のニュースワイドはすべて日馬富士問題だった。

ある新聞記事に・・
“「横綱の暴力は許されない」と奇麗事を言いながら、ああでもない、
こうでもないと迷解説? コトを大きく大きく見せて「視聴率」を稼ぐ
テレビ局。「江戸の興行師」とそっくりではないか。”と載っていた。

江戸の相撲は元々、寺社がカネを集める「勧進相撲」だったと言う。
喧嘩は茶飯事、人気を煽るために、わざと喧嘩を演出したらしい。

また、相撲の興行権を博打打ちの親分同士が争ったとも言われる。
だから、相撲が強いだけで「高潔な人」であるわけがないんだ。

こんな歴史に加え、異質な文化をもつ外人力士が参入して来た。
世界常識から言えば、朝青龍や日馬富士の所作が世界標準だね。

いっそのこと、税制の有利性なんか止めて、普通の興業システムに
したらいいのと思うよ。

他の格闘技やボクシングなどでは、こんなニュースにならないね。
競技以外に鍛えた技を暴力で使ったら、即アウトだから。



2017年11月15日 (水)

木に魚を求めるような大相撲

  テレビのニュース関連では、横綱日馬富士の暴力事件で持ちきりだ。
民放は1社で放映すれば十分だと思うほど、同じ内容で溢れている。

何はともあれ、暴力沙汰は良くない。どんな理由があったとしてもだ。

まあ、考えてみれば・・
偏差値の高さと、人格の関係もそうだが、相撲の強さと人格とは、必ず
しも比例しない。文武両道とはいかないのが人間の性だと思う。

いっそ、相撲道と言わないで、単なる興行的なショーと思ったらどうだろ
うか? そうすれば、この事件は単に傷害事件に過ぎなくなる。
観る方も、技と勝負だけを楽しめば良い。気楽なものだ。

そうでないなら、日馬富士は即刻クビだね。
職業とする手段をもって、他を威圧したり傷を負わせた場合は、この行為
を斟酌する必要はあるまい。なにしろ人格に欠けるんだから・・。

あくまで、大相撲に神事を絡めるなら、人格教育に力を入れる。
それでも、そこからはみ出す者は出てくる。はみ出し物は排除する。
これしかないと思うよ。

  




2017年11月 8日 (水)

大国の狭間で揺れてどこへ行く

  

  トランプ米大統領、今日は中国に入った。

昨夜は韓国泊まりだったが、夜の晩餐会には、竹島付近で捕れたエビを
ドクト(独島)エビとして出したそうだ。

また、晩餐会には旧慰安婦を招待したという。

なんと小賢しいことをするんだろう・・と、思った。

あんたの敵は、北朝鮮だろう。
一国だけでは守れないので、日米韓で協力しようとする矢先にこの有様。

それに一度国家間でした約束事を、いとも簡単に覆す。
自分らが他国で犯した性犯罪には、ほおかぶりしたままでだ。

書きたくもないが、朝鮮民族の民族性が、稀にみる分断国家を存在させ
ているように見える。他国ながら悲しいね。




2017年11月 6日 (月)

蜜月の裏から本音漏れてくる

   ニュースはトランプ米大統領の訪日記事で溢れている。

ゴルフ、ランチ、晩餐会など安倍さんも大統領の接待に忙しい。
警察などの警備担当者もご苦労さんでした。
明日の午前中には韓国へ旅立つとか・・。

さて、トランプ大統領と安倍首相の会談は・・
蜜月、北朝鮮問題、経済問題の3つが主要項目だろう。

蜜月・・
互いに国内に問題を抱えているお2人にとって、楽しい一時だ
ったに違いない。できればもっと滞在日数を増やしたかたろうネ。

北朝鮮問題・・
北朝鮮には最大限の圧力かけることで意見が一致したという。
言っておくけど、国民を戦禍に巻き込まないようにしてね。
格好良さだけで危機感を煽らないでほしい。

経済問題・・
日米の貿易不均衡、例えば、自動車など米国は日本に売り込む
努力をしていない。そもそもTPPの言い出しっぺはどこの国だっけ。
トランプさん、はからずも会見で「日本は米国の防衛装備品を買え」
と言った。気前のいい晋三さん、これを好機と高い買物をするんじゃ
ないよ。


 

2017年10月31日 (火)

去る者に追い打ちかける出国税

 

  今日は10月晦日、明日からは11月だ。
半月の月が南東の空に輝いている。 空気が澄んだ秋の空だ。 

ニュースによると19年度から、日本も観光客や海外出張をする人たち
に、日本を出国する時に出国税を課税する方向で進んでいるという。

1人1000円とか、航空券に上乗せして徴収するとか。
抜け目なく、徴収業務も民間に押しつけるらしい。

まあ、こちとらにはあまり関係ない。
海外旅行はあってもごく稀だし、消費税の2%アップに比べれば屁の
カッパだから・・。

出国税といえば、タイ政府の招きでバンコクへ出かけた時を思い出す。
帰国時、私は所用があって1日早い単独の帰国になった。

空港へ行き、出国手続きを終了して、ゲートを入ろうとしても入れない。
タイの空港で出国税を払っていなかったからだ。知らなかったからネ。

タイ航空だったから、航空券に含まれていれば問題なかった。
まあ、聞いてみれば単純なことだった。

若き日の思い出だ。
当時の参加者(中小企業の経営者)は殆ど故人となってしまった。 

2017年10月 8日 (日)

ドタバタの政治騒動本稼働

 

 今回の衆議院議員選挙、どうやら各党が揃ったようだ。

各党の党首、代表揃い踏みの議論もテレビで見た。
安倍さん、相変わらすの強気の中に、幾ばくかのイライラを感じたような
気がしたが、私の気のせいかな・・。

全国的には、有権者の選択肢は広がったが、私の居住地の選挙区では、
立候補者予想によると全党が揃っていないようだ。

これでは、支持政党の立候補がない場合は、個人名では選びようがない。

大事な国民の権利、棄権などしてはもったいない。
この場合は、選挙区投票と比例代表では投票名と支持政党が異なる。
何か矛盾を感じるのだが・・

2017年9月29日 (金)

これがまあ文科省かよこの施策

   文科省は、東京23区内の私立大学、私立短大について、2018年度の
定員増と19年度の大学新設を認めないとする新基準を告示したという。

理由は、東京への若者の一局集中を是正する狙いだそうだ。

私は文部行政については、門外漢であり23区内の大学OBでもない。
こんな素人から見ても、こんな施策は理解できない。

第1に23区内に集まる若者は、何も大学生ばかりではない。
就職で集まる若者も多いはず、昨年より採用増の会社に増員分を認めな
いと同じことではないか。中央官庁も同じ事だ。

役所が一歩的に、就学の機会を奪っていいものか・・と思う。
病気の原因が別の場所にあるのに、違う場所に薬を塗るようなものだ。

地方に魅力ある大学を作るとか、特色ある学部・学科を作るように政策誘
導するような政策であるべきだ。

また、地方活性化は学生ばかりでなく、魅力的な就職先が存在するような
政策も必要だ。
 
まして少子高齢化の時代だ。卒業生が夢を持って故郷へ帰り就職できるよ
うにすべきだ。

地方活性化が上手くいかないからと言って、取りあえず23区内の学生増を
止めようとするのは、いかにも短絡的だね。

2017年9月28日 (木)

さあ選挙魑魅魍魎が喚きだす

  衆議院が解散された。いよいよ来月は総選挙だ。
議長から解散が宣告されると、与党議員から一斉にバイザイの声と手が挙った。

何がバンザイか? そんなに嬉しいか?

政界が混沌とした状況となって来た。
特に自民党の2年生議員達、果たして当選できるかどうか不透明だ。

恐らく彼らの胸は不安でイッパイだろう。そんな中で、バイザイとは理解しかねる。

安倍さんの議員への叱咤激励を聞いたが、見苦しいのは野党を揶揄する言葉だ
った。じっと肝を据えて大局を見極める度量の無さを感じた。

一庶民としてより面白いドラマが始まった言うべきか、今回は特にそうだ。

地元選出の与党議員に、今回の選挙の大義とかを聞いてみたい。
安倍さんの言う「国難」とは何なのか?・・と。

選挙カーでがなり立てられても、ただ煩く迷惑だけだ。
どんなご意見をお持ちなのか、ジックリと聞いてみたい。
おそらく、そんな時間などないんだろうね。

慎重に考えて投票したい。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本