2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ペット

2021年7月29日 (木)

愛しさがこの手に残る息遣い

    愛犬のアオイが逝って今日で1ヵ月が経った。
1ヵ月前の深夜1時半、私とカミさんに見守る中で静かに息
を引き取った。今でも身体を撫でてやった手の感覚が蘇る。

他の犬や猫などを見つけると、猛烈に吠えまくる癖を除けば
甘え上手で、飼い主の心を先読みする賢いワンちゃんだった。
いわば寝食を共にしていたわけだから彼女の死は辛かった。

これまでワンちゃんは2匹、猫は3~4匹を見送っている。
例え、動物とは言え別れは悲しい。

月日の流れが、こうした悲しみを癒してくれるのか、徐々に
別れの悲しさが薄らいでいくと思う。
梅雨の長雨や猛暑も避けて逝ってくれたと思いたい。

夕食は、カミさんがアオイの好きだった牛丼を作ると言う。
ささやかな追悼の念と
したい。








2021年6月29日 (火)

あいがとうそんな目をしてペット逝く

  愛犬のアオイ(ステッシュテリア メス11歳)が今未明1時30分
に旅立った。最終検査からわずか1週間しか経っていなかった。

昨夜11時にオシッコに連れ出した後は、自力歩行で私のベッドに
上がり一緒に寝ていたが、やがてベッドを下りて私の足元近くに
うずくまった。その後、連続して呼吸が荒くなりマッサージを続け
たが、結局、そのまま静かに息を引き取った。

実際に他犬を見たり、TVの動物番組を見ると猛烈に吠えまくった
が、これ以外は総じて大人しいワンちゃんだった。特に私に懐い
て、よく私の言うことを聞いてくれた。甘え上手だったね。

犬を見送るのはこれで3匹目だが、こればかりはいつも辛いね。
そうかと言って、飼い主より長生きされても困るけど・・。

しばらくは悲しみが尾を引きそうだ。








 

 

2021年6月28日 (月)

無為無策何もできないわれ嘆く

 愛犬アオイ(スコテッシュテリア 11歳 メス)の体調の変化が
激しい。薄かった血尿も濃くなり、数日前までは、1日3~4回
だったオシッコもは、日を追う毎に倍増している。


東大動物医療センターの先生がおっしゃるとおり、彼女の命が
尽きるのもそう遠くはなさそうだ。
飼い主の無策を詫びながらオシッコの世話と処理をしている。

自分で歩こうとしたり、身を自分に寄せてくるといじらしさでが
何倍にもなるね。
とにかく苦しまずにね・・と願うばかりだ。

 

2021年6月23日 (水)

お別れが間近ですよ言う主治医

  今日は車で東大農学部動物医療センターへ出かけた。
今月20日に、かかりつけの動物クリニックの院長に、愛犬アオイ
(スコテッシュテリア、11歳雌)の再検査と診断には東
大がいい
と紹介されたからだ。

車で都内へ行くなんて、恐らく何十年ぶりだろう。
ともかくに、カーナビの案内で予約時刻前に着いた。

約3時間後の検査後に聞いた結果は希望を打ち砕くものだった。
脾臓のガンが肝臓に転移していて、複雑な手 術をしても結果は
悲観的で、数週間以内で死にいたる状態だとおっしゃる。

覚悟はしていたが、やはり気持ちは暗転した。
でも、この検査なしで、後でああすれば良かったと悔やみたくない、

少々お高い検査料だったが、これでアオイちゃんともスッキリ別れ
られればいいと思うが・・。

たかがペット、だが辛いね。

2020年10月27日 (火)

愛犬に帰巣本能教えられ

    ワンちゃんにも帰巣本能があるらしい。

今朝も5時に、カミさんと1匹ずつリードを手にして散歩へ。
外は真っ暗、懐中電灯が歩く先を照らす。

住宅街を抜けて踏切を渡り、駅前から線路沿いの道をカミさ
んと話をしながら歩いた。
ふと、カミさんの先を見ると彼女の手元にワンちゃんがいない。
ワイルドダックのナナミ(メス、11歳)がリードをつけたままどこ
かへ行ってしまった。

手分けして、暗い中を、付近や来た道を探しても見つからない。
探すこと40分近く、カミさんか自宅から電話をかけて来た。

通りかかった人が、わが家近くで見つけて連れてくれたそうだ。
助かった! 見つかって良かった。
暗い中、リードを引きずって、数百メートル、途中、踏切も渡
った。

動物の本能を改めて見直した朝のアクシデントだった。





2020年9月20日 (日)

敬老日犬でよかったこの始末

   昨夜から今未明にかけて わが家の小型犬、アオイ(ヨーク
シャーテリア雌、10歳)に振り回されて、今日は眠い1日だ
った。

いつも夜は、私の寝室の片隅で寝ているが、昨夜は行動が異常
で跳ね回り、ベット上の私にすり寄ったり落ち着きがなかった。

午前零時前後にはおう吐を始めた。
やっと落ち着いたと思って私は寝たが、午前1時半頃トイレに
起きたらアオイも付いて来た。(こんなことは初めて)

廊下の電灯をつけたら、トコトコ玄関へ出ていく。(これも初)
これは異常行動、きっとお腹が痛いに違いない。
懐中電灯、ペーパーナフキン、ペットボトル1本の水を持って
外へ。やはり数十メートル先の道路端で下痢症状を示した。
パジャマ姿で真夜中の犬との散歩、静かでなものだね。

今朝はいつもの通り5時に散歩したが、異常行動は見られない。
お陰で今日は1日中、眠気に襲われている。

犬なら対応し易いが、これが人間相手の介護だったら大変だと
思う。明日は敬老の日、介護に当たられる人たちの苦労を思う。



2020年7月26日 (日)

用足しはピンポイントで探し出す。

  この梅雨はいつまで続くのだろうか?
自分だけなら何とかガマンも出来るが、生活相手
がいる場合
は始末だ。

わが家には、娘の置き土産の2匹の小型犬がいる。
カミさんと1匹ずつ面倒をみている。

私の担当のアオイ(スコッチテリア、メス、10才)は、家の中
では用を足さないんだ。
私が家にいる時は、1日3回(朝、昼、夕方)、外へ連れ出す。
雨が降っていないなら問題ないが、今のような梅雨時は困る。
犬も人間もビショビショになる。後始末も大変だ。

今日も、朝は雨、昼前は陽が照って、午後はまた雨、そして曇
りが断続して続く。
今、断然、力を発揮しているのがスマフォの天気予報だ。
当地区の予報を1時間刻みにしたもの、これと実際の空模様を
見ながら用足しを含む散歩時間を決めている。

しかし便利になったものだね。ピンポイントで予報が見られる。
しかも割合に
正確なんだ。助かるよ!



2019年3月21日 (木)

愛犬もそれなりに観る選手権

 わが家の愛犬、スコッティのアオイ(メス9才)は大のテレビ好き。
この日は、世界フィギア選手権の男子ショートプログラムの日。
アオイもテレビの前に居座り、大会を観戦中。
羽生、宇野選手の出番を待っている。
   Img_4225

2018年10月 8日 (月)

真夜中の苦労に誰も知らんぷり

 昨日、家族がスコッチテリアのアオイ(♀・9才)をシャンプーをした。

アオイ(以下Aと書く)、夜はいつも私の部屋で寝る。

昨夜も私がベッドに横になっていると、私の部屋に入ってきた。
シャンプー後の香りが部屋に立ちこめる。
いつもなら部屋の片隅で寝て、そのまま朝が来るんだけど・・。

深夜0時前、Aの活躍が始まった。
何やら興奮して、私の部屋を歩き回り、私のベッドに駆け上がる、
私の身体に乗る、椅子に飛び乗る、敷物を引っ掻き回す・・の狼藉。
身綺麗になったので興奮したのかな?

少しの間で止むかと思ったが、断続的に朝の5時まで続いた。
極めつきは、私がウトウトしている間に板床にお漏らし。ヤレヤレ!

秋の夜長の楽しみは、好きな本を読むこと。
私の楽しみを奪ったAは反省どころか、朝5時には散歩をねだる。

お陰で今日の私の頭は寝不足でボーッとしたまま。気力皆無だ。
それに別部屋の家族は誰も様子見に出てこなかった。確信犯だね。

2018年3月 1日 (木)

飼い主を忖度できぬガンコ犬

 
 今朝は明け方前から凄い雨だった。
わが家の室内犬2匹(共に♀10才)、いつもオシッコタイムは午前7時前後。

ワイヤーダックスフントのナナミは、室内据え置きのトイレで済ませられる。
一方のスコッティのアオイは、外でなければ絶対にオシッコはしない。

今朝の雨のピークは、ちょうど2匹の排尿時刻と重なった。
合羽を着て、長靴を履き、傘を差し、約9Kgのアオイを抱えて近くの公園へ。
わずか10分くらいで用は済んだけど、それでも私の下半身は雨でビッショリ!

この日ほど、融通の利かないワンちゃんを恨めしく思ったことはない。
いったい、誰に似たんだろうネ・・。

その上、1時間も経たないうちに青空が見えて来た。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本