2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ペット

2017年9月16日 (土)

犬の躾つけておきたい若い時

 わが家には、次女が連れてきたワンちゃんが2匹いる。

2匹はとても仲がいい。わが家に来て1年ちょっと過ぎた。

だが、スコッチテリアのアオイ(7才 ♀)は他のワンちゃんとは相性が悪い。
いや、ワンちゃんだけでなく、猫、カラスにも興奮して吠え、暴れる。

毎朝6時前には、カミさんと1匹ずる引いて散歩に出かける。
途中で、他のワンちゃんと出逢わないように細心の注意を払っている。
人間が先に相手の犬を見つけ、コースを変えるか、物陰に隠れるようにし
ているが、街角での出会い頭の遭遇は避けられないことが多い。

昨朝は遭遇はなし。
今朝は5頭のワンちゃんに遭遇した。
3連休の初日で、雨予想でもあり、皆さん早めの散歩を考えたようだ。

今朝の様子は、コース変更3箇所、吠えるアオイを押さえつけること3回。
つくづく疲れた。
家の中では大人しいアオイが、外ではまったく躾ができていないんだ。
おや、また吠えている。門の前を他の犬が通ったようだ。

鉄は熱いうちに打てと言うが、犬にも云えそうだ。




2017年7月15日 (土)

脱走劇ワンコ追いかけ駆ける朝

  毎朝6時前には、小型犬2匹を連れて散歩に出かける。
カミさんはワイヤーダックスのナナミ、私はスコッティのアオイの担当だ。
共に7才の牝だ。

アオイはこんな習性がある。
ナナミ以外の犬に出逢うと吠えまくる、追いかけようリードを引っ張る。
猛烈に動き回る。
また、他犬ばかりでなく、猫、カラス、オートバイに対しても同じことをする。


したがって、散歩時はリードをしっかり掴んでいなければならない。

今朝は大変だった・・。
家を出てすぐの住宅街、アオイは動く猫を見つけたらしい。
例によって、リードを猛烈に引っ張った。

あっという間に、アオイが手元を離れて、猫を追って住宅街に走り込んだ。
手元を見ると、リードの鎖部分(金属性)が切れている。

交通量の多い通りも近く、車にぶつかる可能性もある。

やっと、アパートの敷地でアオイを見つけた。
金網越しに、猫を探しているアオイをやっと確保できた。この間5分くらい。

ワンちゃん達は、娘からの大事な預かりもの、何かあれば一悶着が起きる。
胸をなで下ろす。聞いてみれば予備のリードはないという。

それにアオイの猫騒動、吠え声で住宅街の皆さんに迷惑をかけなかったこ
とが良かった。

2017年4月14日 (金)

私たちお外もいいが暑いです

  わが夫婦、同方向に所用があり、車に同乗して出かけることにした。
ついでに、ペットの2匹のワンちゃんも連れて行くことにした。

各人が用を足している間は、1人とワンちゃんは車で待機するわけ。
両方の用が終わったら、近くの公園で2匹を遊ばせようという考えた。

所用が終わり公園に着いた。気温が上がって来ているが風はある。

新緑の公園は気持がいい、道ばたには花が咲いている。
たまに、人や自転車に出会う程度で、静寂そのもの。

風はあっても、ワンちゃんたちには、少し暑かったのかも・・。
でも、散りつつある桜や桃の花の間を歩くのは楽しかったね。

ゆっくりと人間の足で5000歩ほどを1時間ちょっとで歩いて来た。

また行って見ようね。

  Img_40321



2017年4月 9日 (日)

雨続く犬もストレス溜る日々

 二女が連れてきたスコッティ(スコッチテリア)のアオイはメスの7才。
私にすっかり慣れて、食事や散歩の時はいつも私の横にピッタリ寄り添う。

昨日今日と雨が続いて、さすが犬も家に籠もりきりでストレスが溜るらしい。

雨の切れ間の今日の夕方、玄関先で座り割り込んで通りを眺めている。
人には穏やかだが、人間以外の動く動物には猛烈に吠えまくる。

番犬の役割は結構だが、ダレカレの区別がないから困る時の方が多い。

明日はいい天気になるらしい。そんな思いで彼女は座り続けていた。
   
    Img_4031_2



   

 

2016年10月20日 (木)

シャンプーでご満悦です犬2匹

  娘が面倒をみていたワンちゃん、わが家に来てから5ヵ月が経った。
どうやらジジババにもなついで来たようだ。

ミニチュアダックスフントのナナミとスコッティのアオイ、共に7歳のメス。
気温が高いこの日、カミさんに体を洗ってもらいご機嫌だ。

大型犬2匹が死んで数年、もう年齢的にもペットはムリだと思っていたが
思いがけなくまた面倒をみることになった。飼ってみると可愛いものだ。

但し、ペットは手数がかかるし夫婦の行動にも制約が出る。 
その時は元の飼い主(娘)に期待しよう。  


   Img_39261


2016年8月 6日 (土)

出したくも出るに出られぬこの暑さ

 今、わが家には次女が連れてきた2匹の小型犬がいる。

スコッチテリアのアオイ(6才♀)と、ミニチュアダックスフントのナナミ(7才♀)だ。
室内飼育だが、2匹は散歩が大好きで、いつも外へ出たがっている。
でも、なせこの暑さだ。(16半現在で室温33.1
度)、アスファルトが熱気をはらみ
とても犬が外を歩ける状態ではない。

いつもは早朝5時半に連れ出す。
既に彼らは起きていて、玄関先で待機中だ。
家を出る時刻が遅れると、腹いせか廊下にオシッコも漏らす。こいつらメ!

そんな具合で、土日祭日関係なしに、わが夫婦の朝の日課は変わらない。
夕方も道路の熱が冷めてからの散歩だから、どうしても遅くなる。

お陰でリズミカルな生活を送っている。
可愛いけど、少々疲れ気味だ。

2016年6月 1日 (水)

命ある預かり物に気を使う

 娘が飼っている2匹のワンちゃんを預かっている。

そのうちの1匹、ダックスフントのナナミ(♀7歳)の体調がおかしくなった。
今未明、トイレに起きたら、私の部屋の入り口にうずくまっている。

腰痛持ちと聞いていたので、抱いてみたらやはり痛いのか悲鳴をあげた。
わが家では、1階から2階への階段を上り下りしてしたり、玄関のタタキに
下りたりしていたから症状が悪化したかも知れない。

日中様子を見て、夕方に動物病院へ駆け込んで診てもらった。
診断は腰痛で、治療方法は安静以外にないという。

今は大人しく横になっている。 
抱いても吠えないから、多分痛みは治っているらしい。
食欲も変わりないから、病状は安定しているかもネ。

例え犬猫であっても、命あるものの元気度には気を使うネ。






2014年2月 3日 (月)

パッチリとわれ見つつあの世行き

 飼い猫のモモが死んだ。
文字どうり薬石効なく、手を尽くしたがダメだった。

深夜2時半、いつもの寝場所に行ってみたらいなかった。
少し離れた場所でじ~と横たわっていた。
暖かい場所へ戻してきたが・・。

5時過ぎに妻が様子を見に行ったら息も絶え絶えの状態。
すぐに抱き上げて私のベッドへ連れて来た。

目をいっぱい開いて私を見つめている。
息が止まる・・、開いた眼を閉じてやる。
さようなら!

まだ、4才、つい先日まで家の中を飛び回っていたのに・・
夜は私の蒲団の上で丸まって寝ていたのに・・

小さな命だがいなくなるとやはり寂しい!

2014年1月29日 (水)

難病が人より先に来たペット

 わが家の飼い猫のモモ、昨日から入院していたが
今夕退院した。それも4才で胃ろう付きで・・。

この2週間、体重が半分に減った。餌も受け付けなく
なって水も余り飲まない。

獣医師によると、腎臓の働きが悪いという。
何とかの数値が、普通ならご臨終一歩手前だそうだ。

「死ぬのをこのまま見ていられない」・・とカミさん。

たかが猫に・・との思いがないでもないが、小さな命
でも全うさせてやりたい気持の方が勝った。

・・というワケで
今晩から猫の介護が始まる。

主としてカミさんの担当になると思うけど、私も傍観し
ているわけにもいかぬ。

多少、元気になって退院して来ただけにいじらしい。

2014年1月22日 (水)

この歳で小さな命消えかかる

 わが家の飼い猫モモは雌の4才。

娘が拾ってきて、実家に置いたまま結婚してしまった。

以来、4年あまりジジババが飼っている。
このところ、嫁ぎ先へ引き渡したい状態が続いている
が言い出せないでいる。まあ聞いて下さい。

このモモ、lヵ月ちょっとで3.5kgあった体重が2.6kgに落
ちてしまい、餌も余り食べなくなった。

先日、カミさんが動物病院で診てもらったら、腎臓が悪
いと言われた。また急激な体重の減少原因は不明だと
いう。2泊3日の入院検査の結果がこれだった。

体重があと100g減ればアウトらしい。

今日は私も動物病院へついて行った。

相変わらず、体重は軽く食も細い、ただ飲まなかった水
は少し飲むようになった。

帰宅後・・
注射を打ってきたら多少元気が出たようだ。
餌も少ないが食べるているらしい。
水も少しだが飲む。

どうか短期的な不調であってほしい。
拾ってきた当時、猛烈に反対したが、飼ってみればそれ
なりに情も湧く。いくら動物でも死に目に遭うのは辛い。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 池井戸潤: ロスジェネの逆襲
    この著者の読んだ本はこれで4冊となった。本書は半沢直樹が、出向した銀行子会社の証券会社で頑張る話しだ。喧嘩相手は出向元の銀行証券部、相変わらずの切れのよい活躍で読んでいて気持がよい。 (★★★)
  • 仁木悦子: 仁木兄妹長編全集 2冬・春の巻
    仁木悦子の長編、「棘のある樹」、「黒いリボン」、「あおい壁」の3編を載せている。「あおい壁」は悦子自伝小説とあるとおり、主人公を女性に読み替えれば著者の自伝となる。病気で障害を負って生きる主人公が活き活きと描かれている。 (★★★★)
  • 松吾伍一: 快老のスタイル
    詠まれた詩から、老境の心境を8章に分けて解説したもの。いくつかの詩が心に残った。 (★★★)
  • 池井戸潤: 銀翼のイカロス
    日本航空の経営危機を仿佛させるような小説だった。痛快銀行員の活躍といったところか。これでこの作者の読んだ本は3冊となった。 (★★★★)
  • 乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ

    乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ
    2017年9月15日付のブログに関連記事を掲載 (★★★★)

  • 朝井 リョウ: スペードの3

    朝井 リョウ: スペードの3
    2017年9月6日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)

    あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)
    この著者の本を読むのは初めてだ。、物語は八章あるうちの七章目で、一挙に全容が明らかになる。機会があればこの作者の時代小説をもっと読んでみたい。 (★★★)

  • 曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録

    曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録
    2017年8月24日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)

    中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)
    2017年8月18日付、ブログに関連記事を記載 (★★★★)

  • 仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻

    仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻
    この作者の本を読むのは初めてだ。推理小説10編が載っている。空いた時間に読むにはうってつけだった。いずれも小学生が探偵になっている。 (★★★)

  • 名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)

    名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)
    「減らそう、手放そう、忘れよう」人生には、気にしないほうがいいことが、沢山ある。『気にしない人』になるには、ちょっとした訓練が必要。そんなトレーニング法100余項目を仏教的視点から説いている。 (★★★)

  • 江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力

    江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力
    2017年7月29日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民

    シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民
    2017年7月22日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

    ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
    「儒教の呪い」とは何か、儒教の陰謀は現在進行中、など5章にわたって日本人と中国人・韓国人の文化的背景を述べている。特に目新しい内容ではないが、米国人だけあって明快な分析で読みやすい。 (★★★)

  • 斎藤茂太: 楽天的になれる本

    斎藤茂太: 楽天的になれる本
    精神科医、斎藤茂太さんの人生読本。「人生を楽天的に変える言葉」などの6章で構成されている。最後は、良寛の生き様を例に引いて「大きな喜びと小さな欲、これが心を軽くする秘訣」で結ばれている。 (★★★)

  • 門井慶喜: 家康、江戸を建てる

    門井慶喜: 家康、江戸を建てる
    2017年7月9日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 岸見 一郎: 嫌われる勇気

    岸見 一郎: 嫌われる勇気
    2017年7月5日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★★★)

  • 阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)

    阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)
    時の試練をくぐり抜け、ますます切れ味鋭くなった傑作ジョーク五百余編。隠し味の毒スパイスが、かえって薬になるか?(カバー裏より) (★★★)

  • 藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する

    藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する
    本書は「これまでの仏教」をいかに伝承し、そこから「これからの仏教」をいかに創造していくかという問題意識を表明している。そろそろ仏教のアップデートが必要だと提言しているわけだ。それにしても私には難解の書物だった。 (★★★★)

  • 垰野 堯: 我流老人

    垰野 堯: 我流老人
    表紙に「気にしない! 気にしない!」とあるが、老人が気にする項目を挙げて、老いを生きるノウハウが単刀直入に書かれている。2017年6月8日付ブログに関連記事を掲載。 (★★★)