2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

学問・資格

2021年4月 8日 (木)

この年でやっと告辞の意味わかる

    田中優子氏が3月末日を以て法政大学総長を退任した。
同大の総長は理事長と学長の兼任だという。さぞ、ご多忙だっ
たことでしょうね。お疲れ様でした。

ネットでは、同氏の学位授与式での告辞が紹介されている。
“どんな選択でも、尊厳をもって生きられる社会が必要”

どの道を歩むべきか迷ったときは・・
“人の薦めで選択するのではなく、自分で決めることが自由を
生き抜く上ではとても大切です”と呼びかけている。

私は最後の卒業式から既に半世紀以上も経った。
小中高大とも、校長や学長の訓示など一言も覚えていない。

社会へ出て、様々な経験を積んでこそ上記の告辞の意味を噛み
められるような気がする。恐らく同大の卒業生が総長告辞の
意味をを理解するのは数十年後のことだろうね。
但し、この告辞を覚えていたらの話だが。

私には、昨夕の新聞に載っていた同氏のコラム『死という到達
点』の方が参考になった。江戸文化研究家である同氏の面目躍
如が目立った記事だった。


 

2018年1月28日 (日)

水道管超マニュアルな解凍法

   先日の大雪以来、給湯器からキッチンと一箇所の洗面所への給湯
が止まった。(風呂場他への給湯は可能)

2日ほど、自然解凍のまま放っておいたが不便でしょうがない。
皿洗いは私の担当だが、さすが水だけの皿洗いはできない。

そこで考えた・・
水道管が凍り付くなら、凍らせないことが出来ればいいんだ。
凍り付く前に、湯を通し管を暖めれば良い。

1日で、気温が急激に下がるのは、多分明け方だろう。
多分、早朝の4~5時の間と推察される。

この時間帯の直前は、私のトイレタイムだ。
それじゃ、この時間帯に湯を数分間、出しっ放しにして管を温めれば良
い、少し湯温を高目に設定すれば、管の中の水が凍るは遅れるはずだ。

この方法で、一昨日、昨日の2日間、真夜中のトイレの後は、必ずキッ
チン寄って、お湯の出を確かめてから寝てみた。

結果は2日間共、予想通り凍結しなかった。最低気温を聞く度に安堵!
今晩も真夜中のオシッコ時の後は、キッチイで湯を排出しよう。






無料ブログはココログ

お気に入りの本