2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2017年11月17日 (金)

ハガキ来る喪中に込めた気持知る

 

   今年最初の喪中ハガキをいただいた。

手にとってみたら、私にでなくカミさん宛てだったが・・。

亡くなったのは、カミさんの幼友達のご主人で81歳とある。
10月ご逝去だ。ご主人は長く病んでいたという。
どんな人生を歩まれたのだろうか?       <合掌>

私の方はこれからだろう。
私より年上の方はホントに少なくなった。十指に余るほどだ。
年賀状の交換が、徐々に減ってきているのもそのせいだね。

なるべく、この手のお葉書は来ないほうがよろしい。
皆さん、元気で長生きして下さいよ。

ところで・・
だんだん、年賀状の作成も億劫になってきた。
近い親族、家族、ホントに親しい人を除いて、年賀状の投函
を止めたいと思う。 ここら当たりが潮時かもね。




2017年11月16日 (木)

さすがプロ自分の記事も活かされる

   或るセラピー に載った記事がメールで送られてきた。
B大学で今年6~7月に行われた生涯教育で私が作った文章だ。

タイトルは「エピソードで語る(自分史)ハイライト。
エピソード2例の記事のうち1例が私の記事だ。

予め、この講座の担当講師から、掲載の了解を求める連絡があった。
もちろん、私がOKをした。私の名前もイニシャルで、内容もシンプルな
のにこの手続きとはと感心した。

感心したのは・・
私の記事を含むA4版1頁にまとめられた文章の見事さ。
見事に5W1H、起承転結で綴っている。
最後に具体的エピソードが登場する構成になっている。
さすが、プロの編集経験者だネ・。

私は、今、別件で公開記事の作成を考えているが参考になりそうだ。

2017年11月12日 (日)

歳月が変えた顔立ち手に届く

  昨11日は、母校の同期会が故郷で開催された。
この会は、学制改革後11期生の会だから毎年11月11日に開かれる。

今日は続々とメーリングリストで写真が届く。

私は特定の個人以外、交際はクラスまでと決めているで不参加だ。
クラス会は、毎年5月と決まっている。こちらにはいつも参加している。

写真を見て・・
恐らく、彼らの今の顔を卒業アルバムと合致させることは不可能だね。

また、幹事からは、出欠確認で故人とわかったという例も報告された。
残念ながら、100人近くの同期生が亡くなっておられると思われる。
病床からの身辺報告もあった。お互いに年をとったと感じる。

写真は、見知らぬ顔ばかりだけど、どうか元気で・・と、祈るばかりだ。


2017年11月 5日 (日)

まず動け気分変えて落葉踏む

  どうも私は季節の変わり目に弱いようだ。

先月末に左顎に痛みが走り、歯科医院で診たもらったところ、歯に異常は
ないと言われた。痛み止めの薬を所望したが、「原因不明では出せない」
と言われ、家にあった鎮痛剤を飲んだが、未だ痛みは去っていない。

痛みもそうだが、気力が沸かないのが辛い。
何をやるにしても集中力がつかないんだ。

外はいい天気だ。
ボヤいてばかりいても仕方がないので、昼食は吉野家の牛丼で済ますこと
にして、家族分の買い出しを自分がすることにした。

車や自転車を使わず、店まで歩いて往復45分、行きと帰りを別コースにして
買い出しに行ってきた。落葉サクサク踏みしめて・・。

歩くことは気分転換にもいいね。

2017年11月 4日 (土)

古里を詰めた重たい荷が届く

 妻の実家の跡をとった義弟夫婦が、車で新米を運んで来てくれた。
30kg入りの玄米を4袋、古里信州の香りがいっぱい詰まった袋だ。

遠路はるばる運んでいただきありがとうございました。
義弟Iさんご夫妻には厚く御礼申し上げます。

さっそくカミさんが10kgほど、搗きに行った。
お陰様で、今晩は故郷の味を楽しませていただきます。

台風の影響で、お米の運搬が何回も延期になり、やっと今日を迎え
ることができた。
100才を超えた義母の様子など、最新の古里情報も聞くことができた。





2017年11月 3日 (金)

トラブルを避けて見ぬ振りゴミ投棄

   世の中、今日から3連休の人が多い、行き交う車も少ない。

当地では、いつもなら金曜日は燃えるゴミの収集日だ。
けれども、今日はゴミ収集はお休み。

通常より1時間遅れて、カミさんとワンちゃん2匹とで散歩に出かけた。

われわれより数歩前を、ゴミを詰めた袋を持った人が歩いている。
そして、そのゴミをゴミ収集箱へ放り込んでいる。

カミさんが注意しようとした。
私は、彼女の袖を引いて注意するのを止めさせた。

ゴミを出した人も知らない顔(多分、アパート住まいだ)だし、まして
彼は確信犯だと思う。、それで朝から因縁をつけられてはたまらない。

収集場は交通量の多い道路端だし、カラスに荒らされることもあるまい。
勇気がないと言えばそれまでが、果たしてこれで良かったか?・とも思う。


さて、今日は旧暦9月15日で満月だ。
薄い雲の上で、少しボケたまん丸月が東の空に浮かんでいる。

晩秋の名月とは言えないが、確実に冬が近づいているようだ。





2017年11月 1日 (水)

通販に電子物流できないか

  米国トイザらスの事実上の経営破綻が大きく報道された。
ネット通販に客を奪われたからという。

これに関連したのだろうか・・
昨日の新聞に「〇×年 小売業消滅す?」という特集記事が載っていた。

1960年代から90年代にかけての会社員時代、盛んに欧米の流通事情の
視察に出かけた。

当時、絶頂期だったギャップ(衣料品大手)、Kマート(スーパー)、メイシー
(百貨店)などが、今、多数の店舗の閉鎖に追い込まれてる。

急上昇したトイザらスも、同じ道を辿ったようだ。
米国の流通業の変遷は目まぐるしい。

さて、わが日本の小売業はどうなって行くのだろうか?
新聞では、「食品だけはネット通販に持っていかれないと思う」とある。

私も同感だ。
ただし、大型スーパーでの通販は、高齢化で拡大するかも知れない。
まだ、この種の通販は、現在、採算が合っていないと思う。
地域スーパーや中小スーパーは生き残れると思う。

食品以外で、価格の比較が出来る商品はネット通販が便利だ。
問題は、配送などの物流面に課題が残ることだ。

ヤマト運輸などに具体例を見ることができる。
電子物流などないからだ。物流は労働集約型だから、需要が多くなれば
当然に行き詰まる。

おや!
アマゾンから頼んでおいた本が届いたようだ。
送料無料、それにポイントが付く。

出かけた先で、本屋で眺めた本をネットで買っている。
世の中がすっかり変わってしまった。

2017年10月28日 (土)

外も内も思うようには動かない

 ワールドシリーズのドジャースVSアストロズの第3戦。

ダルビッシュが先発で投げたが、2回表で4点を取られて降板。
試合は、5-3アストロズの勝利、ダルビッシュが敗戦投手に。

ダルビッシュにもう少しガンバッテもらいたかった。
折角のテレビ観戦、2回で試合の夢破れては先が長すぎる。
前田が完璧に中継ぎを果たしたね。頼もしい!

まあ、明日はドジャースに勝ってほしい。

ある会社から、アマゾンのギフト券をいただいた。
興味がある本があったので、ギフト券使用で購入を申し込んだ。
ところが、何回やっても入力できない。この状態が3日続いた。

諦めて、アマゾンの別の登録アドレスで、入力したらOKだった。
ギフト券番号を別のアドレスで登録してしまったのが原因だった。

日頃、アマゾンは使わないので、こういう事が起こる。

2017年10月27日 (金)

お待たせと庄内柿が今届く

   庄内柿が自宅に届いた。(下の写真)
いただいた物ではなく、 かつて山形県の地域興しで応援していた会社から買っ
た物だ。 折りにふれて現地の農産品を購入している。


いろいろな山形県の農産物を、現地で試食したり、送ってもらって食べてみたが
柿は今回が初めて。 決して安いものではないが、興味があったので頼んだ。

庄内柿は、元々は渋柿で、渋抜きをしてから送られてくる。
元々の甘柿より、渋柿が甘くなった方が、より甘味が増すのだとか・・。
届いたのを1ついただいて見たが、堅めで甘みもイマイチ・

説明書きには・・
冷蔵庫に数日置くと、短時間に柔らかく甘くなり、逆に常温で保管するとユックリ
と柔らかくなるとある。食べるにはもう暫くのガマンが必要らしい。

私の秋の果実は、梨で始まり柿、林檎で終わる。
秋はいいねえ! 実感です。

   Img_41121

2017年10月24日 (火)

やっぱりね本読む時間削られる

  タブレット端末を使い出して1ヵ月半が経った。
生活上で変わったことは、大幅に読書量が減ったこと。

いつもなら就寝前は、ベットで本を読むのが最大の楽しみだった。

ところが、ベットに入るとついタブレットに手を伸ばしてしまう。
ネット上のニュースを見たり、興味をもったことを検索したり、場合
によってはゲームもする。すると2~3時間はすぐに経ってしまう。

スマフォの普及で、電車内で新聞や本を読む人は、大幅に減って
しまったが、スマフォを操作する人たちの気持がわかる気がする。

でも、ネット情報は一面的だと思うね。
現象だけの情報はいっぱい受けてるが、それを自分で考えることが
少なくなっているんじゃないかと感じる。

もっとも、この現象はテレビでも同じだが・・。

やはり、従来通りに読書を続けたいものだ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本