2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2022年1月 5日 (水)

要支援賀状に滲む夫婦愛

   Kさん(女性)から少し遅れて年賀状が届いた。
彼女とは、かつて地域のシニア学級で学んだ間柄だ。

今年の年賀状は、いつものとは違っていた。
去年まで彼女からの年賀状は、彼女自作の絵か写真が大
きく裏面に載っていた。これが今年は自宅庭の植木(山茶
花)に変わっていた。
また、表面の宛先名(私の姓名)の1字が間違っていた。

そして裏面の余白に手書き文字で数行・・。
 今、ご主人が認知症の要支援2で少々手がかかること。
 この年賀状印刷ではご主人に頑張ってもらったこと。
 お主人の支援(介護)で外出が出来なくなったこと。
などが書かれていた。

この賀状の作成をご主人がしたのなら、誤字もうなずける。
山茶花の写真も、多分、ご主人がしたような気がする。
ご主人の介護と、ご自分の時間が取れぬ苛立ちを感じるし
一緒に年賀状を作る夫婦の情景も想像できる。
いい賀状だった。


2022年1月 2日 (日)

膝がくがくワンコ背中の初詣

  愛犬を背中のリックサックに入れて初詣に行った。
愛犬のナナ(ワイルドダック)は12才の雌、恐らく体重は
8~9
kgはありそうだ。片道2.5の道をひたすら歩いた。

出発間際、カミさんが「ナナも連れて行く」と言ったので、
カミさんに逆らえない私は、仕方なく彼女の意に応じた。
だって、担ぎ手の男は私1人だったから・・。

この重さだったら、日帰り登山の背中荷物の重量に相当す
るはず。それに当地は平地なので楽々と歩けるはずだった。

ところが、背中の荷物は生き物だ。よく動く。
動く度に荷の重心が動く。狭い道で足元がフラフラする。

どうやら、無事に初詣は終わった。辛かった任務だった。
今年はきっと良いことが続くと思うよ。




2021年12月28日 (火)

歳末の日の出は今朝も世を照らす

  わが家の朝は早い。
私の起床は常時3時半、今朝の室温は6.2度、湿度45%だ。
多分、外では零度以下になっているはず。風はない。

検温、体重と血圧を測定し記録。入念なストレッチの後、少
し厚手の服装でカミさんと愛犬を連れて散歩に出る。今頃の
外は真っ暗、懐中電灯で足元を照らす。時刻は5時前だ。
この習慣は愛犬のリズムで、人間様の都合ではない。

30分程で帰宅し、休憩後、今度はわが夫婦でウォーキングに
出かける。実は一昨日まで、この夜明けまでの時間に朝食を
とっていた。
昨日からは、朝食をウォーキング後にとることにして、夜明け
少し前(6時20分)に家を出ることにして実行した。
飯を食べた後の身体が重く感じてスピードが上がらないんだ。

結果は上々、身体は軽く足も素早く動く。
冬の寒さが心地よく感じる。
それに日の出が素晴らしい!
東の空が赤く染まり、大きな太陽が顔出し遊水地の水面を照
らすと一気に世界が開ける感じだ。
そんな中を、貸し切り状態の遊歩道を歩く気分、幸せ一杯だ。

帰宅してからの朝食が美味しい。
このシフトチェンジは成功だった。



 



 

2021年12月27日 (月)

このマスクアホのマスクと言い換える

  26日に放送のサンデーモーニング(TBS系)での、ジャー
ナリストの青木理氏の発言がネットで話題になっている。
氏は「アベノマスク」を「天下の愚策」と表現した件だ。
私も青木氏の意見に賛成だ。(掲載記事はこちら
ただし、この意見は少数派だという。悲しい現実だね。

私も番組を視聴したが、氏の発言は至極ごもっともに聞こえた。
確かに、500億円を超える調達費用や、半端な金額でない在庫
処分費なども目に余るが、それ以上に、新コロナ対策で初期対
応に遅れをとっ政策ミスをカバーしようとした拙速な
政治判断
が招いたと思うからだ。初期対応の第一歩として愚策だった。

それにマスク配布は首相の職務ではない。
もっと大局的な立場で、感染を防ぐ政策を立てるのが職務だ。
いくら緊急対応としても15%の不良品は大きすぎる。
こんな愚物を供給する官僚組織って一体何だろうか。

わが家のアベノマスクは、応急薬箱と一緒に片隅に眠っている。
大きさも小さく実用に適さない。首相判断の天下の愚策物とし
て価値が出てくるまで待つことにしようかな。

 

 

2021年12月22日 (水)

高ければ温度も上がる?灯油代

  エアコンだけでは部屋が充分に暖まらないので石油ファンヒ
ーターを使うことにし、早朝に灯油を近くのセルフGSへ買いに
行った。

価格は18Lで1872円だった。
原油価格の上昇で、石油製品の価格が上がっているのは承知
しているが、確実に
昨年よりは300円は上がっている。

念のため居住地市内の灯油価格を調べてみたら、1番の安値
は1672円で、今朝のGSでは安値順で26番目の価格だった。
県の平均価格が1765円だから、この価格より当地は7円高い。
まあ、県の平均値といったところだ。

それでは安値に切り替えるかと言えば、どうもそうはいかないら
しい。わが家から安い販売店まで距離がある。危険物を積んで
の運転は恐ろしいから。

ご近所に回って来る移動販売車では、18Lで2180もする。
県の平均配達込み価格は1881円だから、ご近所の車のないご
家庭では随分高い灯油を買わされて
いるわけだね。

上手くエアコンと石油ヒーターを使い分けたいと思う。






2021年12月20日 (月)

見下ろして雑事見舞いのお月様

    今朝の気温も、この冬の最低温度を下回った。
5時前、愛犬と散歩へ。冷たい風が身を引き締める。
空にはマンマルの有明の月が輝いている。星もきれいだ。

さて、今日は年賀状作りの最終日、カミさん分と一緒に
投函した。作成初日は数枚の失敗作を出したが、今日は
失敗作はなし。これで無事、元日に送り先に届くはずだ。

ワクチン接種の証明がスマフォでできるアプリが出来た
という。私ら夫婦は未だマイナンバーカードを作ってい
ないので、このアプリは作れない。

私は、国が作るアプリを信用していない。
マイナンバーカードも同様で、その必要も感じない。
国のお先棒を担いでも、ロクなことがないかたね。





2021年12月19日 (日)

家自慢富士も何やら耳を立て

    毎日曜日の朝食は、カミさんとウォーキングコース途中の
コーヒーショップでとることにしている。
今朝もこの店に7時の開店に一番乗り。いい天気だ。

食事が終わり、今朝は天気が良いから富士山を臨める高台を
通って帰ることにした。

高台のポイントに着いて富士山を探していたら、「こちらですよ」
と声がかかった。前を歩いていた見知らぬシニアおじさんから
だった。自己紹介によると、この高台に住む人だそうだ。

まず「素晴らしい所にお住まいですね」と返事をした。
このおじさん、私の言葉に感激したのか、ここに居を構えた経緯
から、家族構成、定年前の勤務先、学歴などを延々と喋り始め
た。わが夫婦もこの地に住んで半世紀、初対面の人から人生の
履歴を聞くのは初めてだ。苦労した建てた自慢の邸宅を手に入
れた経緯を話したかったのだろうと善意に解釈した。

まさに「人に歴史あり」、赤裸々の人生談義を聞いた朝だった。

2021年12月15日 (水)

歩くのは少し暗いが丁度いい

   師走も半分過ぎた。まさに露往霜来が身に染みる。
今朝は、今季1番の寒さだったというが、私には昨朝の方が寒
く感じた。今朝は無風だったせいもあるのだろう。

借りていた本の返却期日が今日なので、返却がてら年末年始に
読む本を借りることにした。ついでに年賀状作成に必要なプリン
ター用のインクリボンを購入することにした。

カミさんも読んだ本を返し、新たに借りたいし買物もしたいという。
・・・ということで、図書館まで散歩を兼ねて一緒に歩いて行くこと
にした。朝食後のことだった。

初冬の陽を浴びて楽しいひと時を過ごせた。
しかし、車で行けば数十分の距離を、延々2時間近くも歩いた。
歩数にして約14000歩、久しぶりに疲れたね。







 

2021年12月13日 (月)

売る論理買いの論理のすれ違い

   朝から所用で飛び回った。

通販で買った秋の果物の購入代金、カミさんと私の薬代(今月
診察なし)、年賀状の購入などだ。

通販業者は、私がかつて業務を支援した東北地方の業者さんだ。
商品調達など業務が分かっていて
安心、それに野菜、果物など商
品も新鮮で安全なので、毎年、農産品を購入している。

支援した当時も提案したのだが、客からの注文から納品、集金な
どの事務処理がイマイチだ。

例えば、農産物なので納品時期が12月の中旬などになってるのは
分かるが、客には商品が届くまで到着がわからない。発送日が決
まった頃か、発送日当日にでも「送った」、または「発送しました

くらいの連絡がほしいところだ。特にギフト商品では、送り先に着実
についたか送り主として心配だからだ。

その他、支払方法にはコンビニ利用を加えてほしい、カード払いが
できること。請求書を商品に同封してほしいことなど細かいことを
改善してほしいものだ。商品が味わい深いだけに事務処理の遅れ
は残念だ。


2021年12月12日 (日)

妄想で眠れぬ夜を幸せに

 昨日、本ブログで不眠のことを書いた。
今朝の新聞に放送
タレントの松尾貴史氏が『眠れぬ夜の処方
箋「宝くじ妄想」で幸せ気分』の記事が載っていた。

"「今日は寝付きが悪いな」と感じた時には、「宝くじの当7
 たったら、賞金を何に使うか」を考えるだけで幸せな眠り
 につけていた。もちろん、今でも有効だ”と述べている。
"いわば「疑似の幸福感」で宝くじを利用するのだ”という。

1等に当選するわけがないので興奮状態
にはならないそうだ。
記事では
1等7億円で使用例を挙げているが、そう欲張らな
いで1億円くらいで試してみるいか、1000万円でもいい。







 

 

 

 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本