2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

季節

2017年9月 8日 (金)

歩くほど月が後からついて来る

  午後10時23分頃、秋田県内陸南部で震度5強の地震を観測したという。
津波の心配はなさそうだ。夜半のことでもあり、人的被害や山間部での土砂
崩れなどがないように祈る。

今夜は月がきれいだ。
9時頃、外出したら東の空にまん丸のお月様、歩く程に後ろからついて来るよ
うな気分だった。空気が澄んで、すっかり秋の雰囲気だね。

調べてみれば、今日は旧暦7月18日で十八夜、初秋のお月様といったところ。
空を見上げれば地が揺れる。加えてミサイルは上空を飛び越える。
とても風流とは言えそうもない。

それにしても、最近は自然災害が多い気がする。
集中豪雨に雷、それに地震とくれば、俗にいう「地震、雷、火事、オヤジ」のオ
ヤジの代わりに豪雨入れねばなるまい。

穏やかな秋を過ごしたい。
お休みなさい。

2017年8月16日 (水)

部屋の中満艦飾をかい潜る

  まるで梅雨の戻ったような気候が続く。
今日も雨で、これで連続16日の長雨だそうだ。

カミさんは、洗濯物の干し場に苦労している。
涼しいのは結構でも、湿度は70%を超えている。
いつもは問題ではないが、今は娘と孫が滞在している。
娘と孫が出かけて帰ると、タップリと洗濯物を出す。

お陰で、わが部屋も洗濯物で満艦飾となった。
これも異常事態、ガマンしなきゃと思うことにしている。

それにカミさんが困るのは野菜の価格上昇という。
ヤリクリで苦労をお掛けします。よろしくお願いします。

海やプールは閑古鳥が鳴いているらしい。
賑わう期間が短いだけに痛手は大きいだろうね。

この気温じゃ、海よりも温浴施設に行きたいね。

甲子園の高校野球、わが出身県の代表は敗れ去った。
住んでいる県の代表校は今日勝ってベスト16校に入った。
次は、同じ関東地区の他県代表校と当たる。
どっちが勝ってもいいが、好試合を期待したい。

2017年7月28日 (金)

日々草咲いて庭ではデカイ顔

 庭のプランタンでは、日々草とサルビアが咲いている。

暑いと、つい億劫になって目が庭まで行き届かない。
水をやっているカミさんに言われて、やっと気が付いた次第。

「例え一輪でも花は花」と言うから、これだけ咲けば立派な花
壇だろうね。
 
  Img_40881



2017年7月19日 (水)

ご当地は雨で悩まずツユ明ける

   待望の梅雨が明けた。
当地は、局地的な豪雨などにも遭わず、いわばカラ梅雨だった。

定期的な検診で歯科医院へ出かけた。
日に3回、歯磨きをしている。特に歯医者へ行く前は念入りだが、
行く度にイチャモンをつけられる。

今日は「奥の歯の裏にブラシが届いていない」と言う。
まあ、裏を返せば自分の歯が全部揃っていて、検診に行っても歯
の掃除だけだから、先生もカネにならない私にイライラしているの
かも・・。

8月の予約のために、開院日を見たら、旧盆を中心に10日以上も
休診になっている。
収入は大幅な減収のはず。よくやっていけるよネ・・と余計なことを
考えながら小銭入れを開けた。

さて、8月には、小学校1年生の孫娘がジジババ宅へ来るという。
それも延べ1週間近いお預かり期間だ。
共働きの父母、それに多分、学童保育もお休みらしい。

宿題を見てくれという、娘の依頼だ。ジイに務まるのかな?

2017年7月 1日 (土)

文脈は星座わかればご納得

  今日から7月、いよいよ夏本番だ。このブログのデザインも一新したいが億劫だ。
もうしばらく、時間がほしいネ。

M新聞、この土曜日のクロスワード、何とか全マスを埋められたが、並べた文字が
スッキリしない。説明文から七夕関連とわかっていたけど・・。

昼寝をしながら、どう調べたらと考えた。どうも星座がからんでいるようだ・・と。
この際、ネットのお世話になろう。

結果は・・
彦星が「わし座」のアルタイル、織姫星が「こと座」のベガだったことから、文脈を理
解できた。日頃は、星座なんて深く考えていないからね。浅学菲才を恥じる次第だ。

この住宅団地も高齢化が進み、最近は七夕飾りも見られなくなった。
竹は至る所にあるのだが、切り手、飾り手がいない。これも時代の流れだね。


2017年4月30日 (日)

4月去るミヤコワスレの花言葉

   早いもので、2017年の4月も今日でお終い。明日からは5月だ。

玄関先のミヤコワスレが可憐な花をつけている。

ミヤコワスレの花言葉に「別れ・ひとときの憩い」とある。
1221年、承久の乱で佐渡へ流された順徳上皇が、この花を見ると都への
思いを忘れられたとの故事によるらしい。

わが家のミヤコワスレを見て、花の四月を忘れ、5月に思いを致そうかな・・。

   Img_40391

2017年4月22日 (土)

時季くれば言われなくても花は咲く

 1日中曇り空だったが、気温は20度前後で快適だった。 

庭のアメリカンハナミズキが咲き出した。
写真は自室のベランダから撮った。
下からは塀が邪魔で上手く撮れない、見るも撮るも上から・・。

 
 Img_40371
 

2017年4月 7日 (金)

川柳も外のお花も真っ盛り

  今日は4月川柳句会の日。
お天気は午前中は小雨、午後は晴れて気温が上昇するという。

句会会場の最寄駅の1つ手前で電車を降りて歩く。
綾瀬川沿いは桜が満開だった。(写真上)

句会の席は、目の前の窓に満開の桜が見える場所だった。
お陰で楽しい句会に、文字通り花を添えることができた。

お題「浴びる」の私の提出句・・
  「美人の湯浴びて磨いてこのレベル」
句評は概ね好評だったようだ。
指導講師から「このレベル」の表現が良いとの評価をいただいた。

句会が終わって、風が少し強いが晴れてきたので歩くことにした。
そうだ、来月の句会は吟行会だ。下見を兼ねて桜を楽しんで行こう。

電車で東武スカイツリー線越谷駅で下車。
駅から旧日光道中へ出て、街道沿いの建物スポットを楽しみながら
元荒川を渡り久伊豆神社へ(写真下)、長い参道、緑豊かな境内を
歩いた。元荒川沿いの桜並木も花の真っ盛り。体も汗ばんでくる。

帰りは北越谷駅へ。
初めての土地なのに地図は持ってない。
駅への大凡の方向を見極め、角々を曲がりながら、確かに目的地
へ着いた。どうやら方向感覚も正常らしい。今日の成果だったね。

葛西用水沿いの桜もお見事!楽しい3時間のウォーク
だったね。
この日の歩数は21800歩だった。
    
    Img_40121

    Img_40251

2017年3月17日 (金)

青空にハクレンの花嬉しそう

  今日は真っ青な空、暖かい日差しで春らしい日になった。

数日前まで蕾だったハクレンも、今日は青空に枝を伸ばしている。(写真)

明日は、都下に住む孫娘の保育園の卒業式へ出かけることになった。
カミさんに言われていろいろ準備に追われた。

私の若い時は仕事に追われて、子ども達の幼稚園の卒業式には参加した
覚えがない。カミさんは私に、明日の服装はフォーマルにしろと言う。
きっと娘に言われたんだね。

    Img_39831_3



     

 

2017年3月12日 (日)

ハクレンが咲く頃嵐吹き荒れる

わが家の庭のハクレンが咲き出した。(写真)

この花が咲く頃は、春の嵐の多い時だ。
多分、満開になった時、風が最も強くなるはず。

それでも毎年変わらずに花をつけてくれる。
できるなら短い花の命を全うさせてやりたいと思う


 Img_39801_2

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本

  • 池井戸潤: ロスジェネの逆襲
    この著者の読んだ本はこれで4冊となった。本書は半沢直樹が、出向した銀行子会社の証券会社で頑張る話しだ。喧嘩相手は出向元の銀行証券部、相変わらずの切れのよい活躍で読んでいて気持がよい。 (★★★)
  • 仁木悦子: 仁木兄妹長編全集 2冬・春の巻
    仁木悦子の長編、「棘のある樹」、「黒いリボン」、「あおい壁」の3編を載せている。「あおい壁」は悦子自伝小説とあるとおり、主人公を女性に読み替えれば著者の自伝となる。病気で障害を負って生きる主人公が活き活きと描かれている。 (★★★★)
  • 松吾伍一: 快老のスタイル
    詠まれた詩から、老境の心境を8章に分けて解説したもの。いくつかの詩が心に残った。 (★★★)
  • 池井戸潤: 銀翼のイカロス
    日本航空の経営危機を仿佛させるような小説だった。痛快銀行員の活躍といったところか。これでこの作者の読んだ本は3冊となった。 (★★★★)
  • 乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ

    乃南 アサ: ニサッタ、ニサッタ
    2017年9月15日付のブログに関連記事を掲載 (★★★★)

  • 朝井 リョウ: スペードの3

    朝井 リョウ: スペードの3
    2017年9月6日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)

    あさの あつこ: 弥勒の月 (文芸)
    この著者の本を読むのは初めてだ。、物語は八章あるうちの七章目で、一挙に全容が明らかになる。機会があればこの作者の時代小説をもっと読んでみたい。 (★★★)

  • 曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録

    曽野 綾子: 善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか―救心録
    2017年8月24日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)

    中野 京子: 名画と読むイエス・キリストの物語 (文春文庫)
    2017年8月18日付、ブログに関連記事を記載 (★★★★)

  • 仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻

    仁木 悦子: 子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻
    この作者の本を読むのは初めてだ。推理小説10編が載っている。空いた時間に読むにはうってつけだった。いずれも小学生が探偵になっている。 (★★★)

  • 名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)

    名取 芳彦: 気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)
    「減らそう、手放そう、忘れよう」人生には、気にしないほうがいいことが、沢山ある。『気にしない人』になるには、ちょっとした訓練が必要。そんなトレーニング法100余項目を仏教的視点から説いている。 (★★★)

  • 江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力

    江畑哲男: よい句をつくるための川柳文法力
    2017年7月29日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民

    シンシアリー: 朴槿恵と亡国の民
    2017年7月22日付のブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)

    ケント・ギルバート: 儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇 (講談社+α新書)
    「儒教の呪い」とは何か、儒教の陰謀は現在進行中、など5章にわたって日本人と中国人・韓国人の文化的背景を述べている。特に目新しい内容ではないが、米国人だけあって明快な分析で読みやすい。 (★★★)

  • 斎藤茂太: 楽天的になれる本

    斎藤茂太: 楽天的になれる本
    精神科医、斎藤茂太さんの人生読本。「人生を楽天的に変える言葉」などの6章で構成されている。最後は、良寛の生き様を例に引いて「大きな喜びと小さな欲、これが心を軽くする秘訣」で結ばれている。 (★★★)

  • 門井慶喜: 家康、江戸を建てる

    門井慶喜: 家康、江戸を建てる
    2017年7月9日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★)

  • 岸見 一郎: 嫌われる勇気

    岸見 一郎: 嫌われる勇気
    2017年7月5日付、ブログに関連記事を掲載 (★★★★★)

  • 阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)

    阿刀田 高: 新装版 ブラック・ジョーク大全 (講談社文庫)
    時の試練をくぐり抜け、ますます切れ味鋭くなった傑作ジョーク五百余編。隠し味の毒スパイスが、かえって薬になるか?(カバー裏より) (★★★)

  • 藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する

    藤田 一照: 〈仏教3.0〉を哲学する
    本書は「これまでの仏教」をいかに伝承し、そこから「これからの仏教」をいかに創造していくかという問題意識を表明している。そろそろ仏教のアップデートが必要だと提言しているわけだ。それにしても私には難解の書物だった。 (★★★★)

  • 垰野 堯: 我流老人

    垰野 堯: 我流老人
    表紙に「気にしない! 気にしない!」とあるが、老人が気にする項目を挙げて、老いを生きるノウハウが単刀直入に書かれている。2017年6月8日付ブログに関連記事を掲載。 (★★★)