2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

親睦、懇親

2018年6月 6日 (水)

出かけます男4人の車旅

  今月の旅行実施計画について、幹事から電話をいただいた。
実施日まで、1週間を切っても連絡がなくイライラしていたが、どうやらそ
れも杞憂に終わった。
場所は新潟県の温泉町で、川端康成の小説に登場する町だ。
1泊2泊の宿泊場所は、仲間の1人が所有するリゾートマンションの1室。

古希を超えた男4人のドライブ旅行だね。
車は、傘寿を超えた仲間の最長老が提供するワゴンタイプを、若手(それ
でも70歳)が運転するという。年齢の中間層の私は単に乗っているだけ。

持参する物は、寝間着、洗面道具だけ。
自発的に酒を何か持って行こうと思う。大酒飲みはいないから一升瓶は
不要だ。気楽なものだ。

さて、どんな旅になるだろうか? 楽しみだね。







2018年5月19日 (土)

また今年病共有クラス会

   久しぶりの故郷は寒かった。
迷った末に、長袖のポロシャツと長袖のジャンパーを選んで正解だった。

家を出てから、わずか1時間半で余りで長野駅についてしまう。
都内へ出かける程の乗車時間だ。新幹線の威力は凄い。

今日は高校のクラス会、集合時刻まで間があるので善光寺にお参りした。
半袖の観光客が寒さに縮まっている。昨日の猛暑との差が大きい。

集まった同級生は20名、さすが現役は開業医と県立高校の非常勤講師
の2人だけ、実質的には1.4人と言ったところ、勢い病気話になるのはやむ
を得ないネ。それでもなんやかやと、3時間飲んで食べて喋り合った。

開業医をしているA君と、宴席で隣り合わせになり、私自身の持病を話した
ら快く相談に乗ってくれた。触診で状況も調べてくれた。
帰宅してネットでA君の評判を調べたら、「ざっくばらんないい先生」だとある。
いつまでも元気で地元医療業務に貢献してほしい。

どう数えても、現時点で、まあまあ動き回れる同級生は、22~3名だという。
卒業時の半数弱だ。過ぎた歳月の長さと、仲間の集まりに生きて参加できた
幸せを実感した日だった。


(写真は善光寺本堂とツツジ)
   Img_4173




2018年5月15日 (火)

生きてたよアンタも元気クラス会

  週末に、古里で行われる高校クラス会の参加者名簿が届いた。
参加者数は20名、昨年と同数だ。
話を聞けば、地元幹事はこれだけ集めるのに大分苦労したらしい。

クラスの卒業生48名のうち、物故者8名、居所不明者3名だから、
連絡のつく者に対する参加者割合は54%、卒業後59年経っての数
字にしては立派なものだと思う。

クラスの卒業仲間は全国に散らばっているから、たった半日のため
に帰郷するのも大変だし、病気療養中の友もあると聞く。
参加できることに感謝しなきゃネ。

一献傾け合いながら、話が弾む光景を想像するだけでも楽しくなる。


2018年3月27日 (火)

居酒屋で話題爛漫老い仲間

 同郷の学校仲間との懇親会で東京・新橋へ。
隔月でのこの会、常連は8名だが、この日の参加は6名だった。

いつも一番能弁なA君と、一番寡黙なB君が不参加。
参加6名は、A君とB君に挟まれた中間派といったところだ。

当然、話題はいつもとは違った方向へ向う。
故郷、旧友、家族関係(特に連れ合いとの)、健康、日本経済、
朝鮮問題、講読新聞、その他の世相だった。

案外、故郷の国会(森友学園の証人喚問)の話題は少なかった。
まあ、午前中しかテレビを観れないし、証言拒否が多かったから。

2時間の予定が大幅のオーバー、5月の再会を約して散会した。
5月は、故郷の信州で地元の仲間と共に語り合う予定だ。

2018年1月27日 (土)

年寄りのトイレ無視したダイヤ組み

  60年来の友人が家を新築したので、仲間6人でお祝いに行った、
栃木県の私鉄S駅、集合時刻になっても、友の1人が現れない。

同行の友によれば、途中の駅で降りたという。理由はトイレだ。
千葉県、神奈川県、都内から来る友は片道2~3時間以上かかる。

交通は便利になったが、乗り換えが多い。
その乗換え時間が短い。2分では老人のオシッコは止まらないんだ。
でも、一旦降りたら田舎のことだ、電車は30分経たないと来ない。

まだ先日の残雪があり、冷たい風が吹き抜ける。
そんな状態だったから、私は1時間前に家を出た。
まあ、少し電車は遅れたが約束の50分前に駅に到着。
この由緒ある街を散策した。市内を日光例幣使街道が貫いている。
冷たい風が吹く、歩いている人など皆無、そんな市内を陽が照らす。
(下の写真)

車の迎えを受けて新築の家へ・・。
主のH氏は、元大手電機メーカーの技術者、奥様は元高校教師。
H氏はリタイア後、今は息子さんとオーダー家具の製造・販売をやっ
ている。これが順調らしい。
見事な家具と内装の色彩との調和、機能的な配置など・・。

そんな雰囲気の中での懇親会、奥さんの友人も交えて約4時間語り
合った。最後の〆はH氏が打ってくれた蕎麦、絶品だった。

帰り道は、依然として寒かった。
次回は3月、都内での親睦を約束し合って別れた。

     Img_4139

2018年1月 9日 (火)

新年は新居で開くクラス会

  地方の高校を卒業して今年の3月で59年になる。
首都圏在住のクラスメイトは隔月に、クラス全体は年1回故郷で親睦会
を開いている。在校時も含めて60年以上の付き合いが続いている。

今月は、首都圏在住組の親睦会だ。
お互いに先が短いから会う回数を増やそうと、3ヵ月ごとの開催を隔月に
してから数年が過ぎた。

この間、十数人の仲間で亡くなったのは1人、みんな以外にシブトイ!

仲間の1人、H君が道路の拡張で移転し、新居を建てて引越しをした。
オール電化の素晴しい新居だそうだ。

この新居で、今年最初の親睦会を開こうと、H君から申し出があった。
H君は趣味で蕎麦を打つ。前にもご馳走になったが美味だった。
大いに歓談し、彼の仕事も励ましたい。(定年後、新規事業を立ち上げた)

奥様にも大きいご負担をかけると思うが、よろしくお願いします。
月末の開催日を楽しみにしています。


2017年12月 9日 (土)

高齢の夫婦二組世相切る

  長くお付き合いしているご近所のご夫妻と4人の忘年会を催した。
場所は、いつもの自宅から歩いて25分くらいの居酒屋。

チェーン展開する居酒屋で、出かける前にクーポン券を印刷した。
今日は土曜日で、いつもは閑散としている店は客がイッパイ。

私はこの日も聞き役、どうしてもしゃべる役は主婦2人になる。
やれ野菜や魚が高いなどの買物情報の交換。
相手の奥様は100歳を超えた母親と同居、カミさんも実家に102歳の
母親が存命中だから、どうしても高齢者の話題が多くなる。
自分らも古希を超えているのに、自分も老境であることも忘れてる。

世の中もすっかり変わったものだ。

政治、経済、国際政治など一般庶民から見た意見が飛び交う。
アメリカのトランプ大統領は一番の悪役だった。

富岡八幡宮の宮司殺傷事件も話題に・・
初詣客の減少まで心配していた。

こんな意見の等々で、2時間の飲食時間を超えて語り合った。
ご近所の噂話も多少あったように覚えているが、もう忘れた。

来年もどうぞよろしくお付き合いの程を・・と、願ってお別れした。

2017年11月28日 (火)

世相切り暖簾揺さぶる喜寿の友

 同郷の友人たちとの飲み会に参加した。場所は東京・新橋の居酒屋。

東京メトロ半蔵門線の三越前駅で下車、日本橋を渡り新橋方面へ歩く。
新築のビル前の植木が紅葉し、夕日に映えて美しい。
銀座4丁目交差点からは、相変わらず外人の観光客が目立つ。
大声で呼びかけ合っているのが中国からの観光客だろうね。

いつも帰路に、このコースを歩くのだが今日は往路に使った。
通行人とウィンド陳列を見て歩くのも楽しい。

参加者は7人、飲んで、食べて、語った2時間余だった。

乾杯して、故郷の現況報告から話しは始まった。
最近のニュースから世相、健康、相続など、相変わらず話題は多かった。

ほろ酔い加減で銀座・並木通りから東京メトロの銀座駅へ。
まだ、夜の蝶の出勤時間には早すぎるようだった。


2017年7月25日 (火)

アベちゃんを肴に議論盛り上がり

  この夜は恐らく、全国の居酒屋で、加計問題で盛り上がっただろうね。
わがグループの飲み会も例外ではなかった。

今夜は、高校同級生(首都圏組)の集いに8人が、東京・新橋に集まった。

お互いの無事を確かめた後、出身県の高校野球予選の経過、結果など
情報交換をした。

母校は、3年連続で同じ相手校に負けたという。
相手校には好投手がいて、その投手が1年生の時から母校チームは打
ち込めなかったという。なんとも情けない話しだ。捲土重来を期待したい。

次ぎに加計問題に移った。概ね、各メディアが行った支持率調査の結果
に沿ったような意見だった。

その他、目下の時勢分析、その他諸々・・。いつの間に3時間経っていた。

いくら同郷とは言え、政治信条が全員同じワケではない。
様々な意見、考えがあることを理解した上で、言い合いで禍根を残さない
ことを祈る。

久しぶりの銀ブラ、話題の店舗も見学、最新のファッションも見られた。

2017年7月14日 (金)

居酒屋で妻のストレス抜いてやり

  ご近所のご夫妻と暑気払いを行った。
場所は隣の駅近くのチェーンの居酒屋、徒歩15分ほどかかる。

妻と相手の奥さんがテニス仲間で、双方の妻が日程を調整して、
シーズン毎に夫婦単位で親睦を行っている。

だから・・
実質的には妻たちの息抜きの場だ。
飲食代も女性陣払いだから、夫たちは大人しくならざるを得ない。
この日も、女達はよくしゃべった! 男達はただ聞くのみ。

女性達はご近所情報も交換している。
なるほど、近所にはそんなこともあったんだね。知らなかった。

今日も暑かったから、中生ジョッキの追加が目立ったね。
アルコールも女性陣のおしゃべりを滑らかにさせたようだ。

こうして3時間余りの暑気払いは終わった。
また、飲みましょう。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本