2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

健康

2018年6月25日 (月)

痛みが痛みを取りさる整形科

   

  訪ねた病院は、地方私鉄の駅から10分足らずの所にあった。

高校の同級生の友人A君がやっている整形外科医院だ。
5月の同級会で「君の帯状疱疹後遺症は治る」とA君は言い、
「近いうち訪ねるから診てくれ」と、私が頼んのが実現したんだ。

「左足(帯状疱疹の発症部位)だけにするか、それとも痛いところ全部
診るか、どうする?」と訊く、
「遠路はるばる出かけて来たんだ。全部診てくれ!」と、答えた。

まず触診、次いで何枚ものレントゲン写真を撮られた。
A君はそれぞれのレントゲン写真を見て、症状の原因を説明した。

次は治療だ。こんな治療は初めての経験だった。
彼の治療は全て物理的、力学的な応用による。従って一般の整形外
科にある器具類は一切ない。そんなもので治るワケがないそうだ。
引っ張る、ひねったりして歪んだ」骨格を有るべき位置に戻すわけだ。
この医療行為をA院長自ら行う。

当然、患者側にとっては瞬間的に激痛が走る。
当然だね! 70年以上も歪めてきた体だ。大の男も思わず叫ぶ。
 「いてて・・いてて!」の連続だ。
A君曰く「痛いのはオレじゃないよ。痛みのリスクは君ら患者負担なん
だ。でも治るのは君なんだから・・」と涼しい顔。

治療は地元の患者さんたちとも、治療時間が重なる。
A君と患者間の雑談の輪に私も加わった。A君と患者の距離がホント
に近いんだ。患者の生活環境も充分にA君は理解しているようだ。
こうして2時間近く、検診、治療を受け、院内の雰囲気も味わった。
これらを支えているスタッフの笑顔が患者側の気持を和ませてくれる。
首都圏では決して見られない地域医療の一例を知った日だった。

治療の効果は少しずつ出てくるそうだ。
結果を報告しろと言う。そうさせていただく所存だ。
身体のアチコチの痛みに悩まされている方々、ぜひ機会があれば
彼の病院を訪ねて下さい。但し、治療の痛みは覚悟して行ってね。

    Img_4179

2018年6月21日 (木)

困ったら竹馬の友に診てもらい

   最近はどうも体調が悪い。

体がだるい、口内炎が2ヵ所できていて食べ物がしっかり噛めない。
帯状疱疹の後遺症か左足が痺れて痛い。・・その他いろいろ・・

先月、高校の同級会で隣り合わせた医師の同級生が足の症状を診て
(触診)くれ、これは治りそうだと言った。

他の同級生の評判も、彼が開業している医院のネットでの評判も悪くは
ない。ただ矯正治療になるとかなり痛いそうだ。これは仕方ないね。

そこで1度、彼を訪ねて治療を受けてみることにした。
交通費はかかるが、痺れと痛みが軽くなるならと行くことを決めた。

2018年6月14日 (木)

メリハリをつけて速足寿命伸び

  興味ある記事がM紙夕刊に載っていた。
興味を引かれた順にタイトルを書くと・・
 1. 歩行速度と寿命
 2. 認知症で行方不明 最多
 3. 豊かさ、愛おしさ 再認識 (太宰治没後70年)
 4. 敗戦の冬、力尽きた兄よ (北朝鮮と日本人)
 5. 池井戸潤さんの小説作法
1.の「歩行速度と寿命」について、今、私が実践している歩行方法に
ピッタリだったので、我が意を得た記事だった。
(私の1日の歩数目標は8000歩、うち20分はより速い速度で歩く)

記事に寄ると(豪シドニー大の発表)・・
歩行速度をゆっくり、平均的、速い、より速い(時速4km以上)の4グ
ループに分けて追跡調査した結果、以下の数値が出たそうだ。
・平均的に歩く人の死亡率は、ゆっくり歩く人それより20%低い。
・速いとより速いを合せた結果は、全死亡リスクが24%低くかった。

心血管疾患と歩行速度の間には関連性を見いだしたと言う。
高齢者の歩行速度は平均以上の方が良さそうだと結論づけている。

2018年6月11日 (月)

同病の医師は他人と思えない

 

  台風5号の影響下で風雨が強い中、いつもの薬が切れたのでかかりつけ医
に出かけた。

薬の処方箋だけ貰おうと医院の扉を開けたら、待合室に患者はゼロ、静かだ。
この雨風の中に、緊急でない患者が来るワケがないね。

それなら先生とユックリ話ができる。そう考えて方針を転回して診察室へ。
 「お変わりないですか?」と、先生。
会話が始まった。

この1ヶ月、私の体(内科的な状況)について大学病院での診察を含めて報告。
同病の、このかかりつけの先生、大学病院の私への処置について
 「ほう! いいことを聞きました」と、自分のノートに書き込んでいた。

その他、諸々の体調の変化とその処置について語り合い、意見を聞いた。
そして最後に・・
「患者さんの生活の流れの中で病気を診るようにしています」

良い心がけだけど、患者が多いとそんなワケにも行かないかもネ。

2018年5月29日 (火)

イライラは薬のせいか副作用

   やっと、今日で薬の攻勢から逃れることができる。
持病に対応している薬は、主要マーカが高くなると30日間服用する。
年間でこの期間(5月頃)の服用が多い。

抗がん剤ではなく抗腫瘍作用を示すという薬だ。
私には以下に示す副作用が酷いと感じる。(個人差がある)

言われている副作用約十数項目のうち、特に食欲不振、全身倦怠感、
浮腫、便秘、頻尿などに悩まされる。やっとこの苦しみから解放される。

予断は許されないが、多分、明後日当たりから体調は安定すると思う。
さあ、まず自分の部屋の片付けから動き始めよう。

服用期間中は些細なことで不機嫌になり、周囲に迷惑をかけたはずだ。

ご迷惑をかけた皆さんにお詫びしたい。








2018年5月26日 (土)

同病の友は他人と思えない

 近所のMさんと、しばらくの間立ち話をした。
Mさんとは同世代、。飲み仲間だが最近滅多に見かけなかった。
家の周りの植木を剪定しているMさんに、私が出会い話が始まった。

 「お元気?、ちょっと顔が色白になったみたいね」と、私。
 「いろいろ体調が悪く、あまり外へ出られなかったから・・」
 「どうしました?」
 「白内障の手術に続いて、帯状疱疹が尻にできて難儀しちゃった」
こんな調子で、お互いに老いと病について慰め合った次第。

私は6年前のがん摘出手術とその経過、昨秋のMさんと同じ帯状疱疹の
症状を話した。帯状疱疹の発症は、私の方が先輩だったね。

そう言えば、もう一人の飲み仲間だったTさんも、病気は違うが最近数週間
ぶりに退院したばかり。私のかかりつけ医も帯状疱疹で悩んでいると本人
から聞いたばかりだ。どこへ行っても同世代は病気の話題ばかりだね。

やはり、久しぶりに会った時は、天候など無難な挨拶がいいね。
病んだ話は気が重くなる。
でも、これは避けようのない現実なんだ。

2018年4月26日 (木)

辛いけどガマンしなけりゃならぬ時

 
  今回もまた同じような症状が出た。
23日に大学病院で処方された薬の副作用と思われる。

持病の主要マーカが一定の数値を超えると、薬を服用する。
30日間、1錠ずつ服用、服用後60日間経過してから検査を受けている。

服用して、だいたい数日後から副作用を感じるようになる。
こんかいも飲み始めてから3日が経った。

症状は目眩、無気力感、だるさ、食欲減退などだ。
更に、いつもは吐き気が伴うが、今回は吐き気は感じない。

辛いけど、ガマンするしかないね。でも先が長~いね。
明日の起床後も同じ症状が続くようでは、薬の服用を1日止めようと思
っている。


2018年4月20日 (金)

まず動けされば身体がついてくる


  1日8000歩/20分(速歩)を始めて20日が経った。
どうやら、毎日ムリなく続いている。
まだ、結果を求めるのは早いのだが、気が付いたことがある。

それは、毎晩の寝付きが良くなったこと。
ベッドに入って、テレビを観ていると、いつの間に寝てしまっている。
深夜目覚めると、テレビが深夜番組をやっていることがしばしばだ。
オフタイムにして寝るようにしている。

また、ベッドで読書をしていると、これまた自然に眠りに落ちている。
メガネを掛けたままだし、本が枕元に落ちている。

適当な疲れが、眠気を誘うのだろう。午睡しても同じ状態だ。

深夜に目覚めても、じ~と目をつぶっていれば再び寝入ってしまう。
深夜のトイレも苦にならなくなった。

別に、ダイエットを狙っているわけではないが、結果として減量する
にはもう少し時間がかかりそうだ。

2018年4月17日 (火)

取りあえず6年命儲けもの

  6年前の2012年4月17日、私は大学病院の集中治療室にいた。
この日、朝から始まった前立腺がんの全摘手術後の経過観察のためだ。

ブログは、この日だけが未記入になっている。
部屋には携帯を持ち込めないし、気分的にもそんな状態ではなかった。

あれから6年、今、何とか生きている。
3ヵ月毎の検査の数値は、一進一退の繰り返しだが概ね体調は良好だ。
これも家族の支えがあってこそだと感謝している。
今日は、術後6周年を祝って、カミさんが豪華な昼食を用意してくれた。

この先、何があるかは神のみが知る・・だ。
元気に毎日が過ごせればと願っている。 それもツガイでね。





2018年4月 8日 (日)

生きる意味なくす苦しみどう避ける

   昨夜、カミさんの実家を継いだ義弟から電話で、義兄の入院を伝えてきた。
義兄の入院先は、わが家から電車で1時間余の町にある。

今朝、カミさんと二人で見舞に出かけた。
義弟夫婦とは病院で落ち合うことにした。

義兄は連れ合いと死別、昨年3回忌法要が済ませたばかり、独り住まいだ。
近隣に住む2人の子どもから、時々、サポートを受けていたという。

体調の変化に気づいた義兄が、自分で救急車を呼んだそうだ。
早く病状が安定し、少しでも体力が付くように祈っている。
そして、精神的に強くなってほしい。このことは自分にも当てはまる。

幸い孤独死にはならなかったけど、多くの問題点が浮上したと思う。

わが家も他人事ではない。いずれは自分も向き合うことだからだ。
少子高齢化に伴う具体的な社会福祉政策云々ではなく、老年期の精神的な
喪失(スピリチュアル・ペイン、spiritual pain)について考えてみたい。

今野義孝氏によると、老齢期における尊厳や生きる意味の喪失の苦しみに
は以下の3つに分けられるという。
 ☆ 時間的な存在(過去ー現在ー未来のつながり)を失う苦しみ
 ☆ 自立的な存在(主体性をもった自分とのつながり)を失い苦しみ
 ☆ 関係的な存在(他者やコニュニティとのつながり)を失う苦しみ

高齢になると、とりわけこの種の痛みに真っ正面から対峙するスピリチュアル
・ケアが求められているようだ。











より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本