2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

健康

2021年12月14日 (火)

陽は昇る四十五日の苦役後

  今日の朝食後で45日間の服用が終わった。
前立がんのPSA値を抑えるP錠のことだ

来春で術後10年になるが、この10年間、1年に30日間で2回
は服用してきた。45日間は初めての経験だった。

服用の初頭に、「くすりのしおり」をいただいた。
これによると、副作用として食欲不振、全身倦怠感、肝機能障
害(黄疸)、貧血、出血傾向、発熱、から咳、呼吸困難、浮腫
などが列挙されている。

私の場合は、この内、全身倦怠感が発症する。しおりにはない
が吐き気も伴う。新コロナ禍ではから咳が出で新コロナの感染
ではないかと疑う。発熱はまったくない。

こんな心配からやっと解放され爽快な気分だ。
また半年先には同じ状態になるから、副作用からは仮に釈放さ
れたとも言える。まあ、仮釈放でも生きているだけ幸せだね。

朝食後のウォーキングは足も軽かった。朝日が真正面から当た
ってまぶしかった。


 

 

 

 

 

2021年12月 3日 (金)

危険度を数字が示す冬の朝

   月が改まって12月、寒さが一段と身に染みるようになった。

毎朝3時半頃に起きて、室温、湿度を、それに
血圧、体脂肪を
測って記録している。その後、ストレッチを念入りに行い愛犬と
の散歩に出かけていく。その後はカミさんと2人で歩く。

私の体
重は毎日一定を維持しているが、血圧は寒さと反比例
で上下とも高止まりだ。いつもなら130台/70台だが、このとこ
ろ上は160台、下が90台を示すことが多い。

対策しては、前以て部屋を暖めておくこと、ストレッチで身体を
十分に温めることにしている。寝坊して寝ボケ状態での外出は
危険だね。入浴の際も要注意だ。
世の中のシニアの皆さん注意しましょう!

 

2021年11月13日 (土)

インフルの接種去年(こぞ)より痛くなり

    月例の検診に合わせて、夫婦でインフルエンザの予防接種を
受けてきた。この時季にいつも受けているものだ。

摂取は、いつもかかりつけ医で受ける。
この先生、いつも能書き多い。接種の予約が必要で、接種希望
日がずれた原因について、今、製薬会社は新コロナ対応のワク
チンや治療薬の開発が忙しく、とてもインフルエンザのワクチン
の製造まで手が回らない・・と、おっしゃる。
事実なら、接種を受けられたわが夫婦は幸運というべきかな?

ド素人のわれわれには、感染症対策の裏事情は分かりかねる
から、そんなもんかいナ・・と思うだけだけど。
それに、新コロナよりもインフルエンザによる死亡者数の方が
多いとも言われた。聞いていて不思議なのは、そんなニュース
は、世間一般には流れていないことだ。文字通り新コロナ一辺
倒なわけだ。

こんな話を聞きながら、血圧を測ってもらったら高い数値が出
た。先生は気温が低いから問題ないとおっしゃる。
この先生、3回目の新コロナの接種を行うために駆り出される
という。それでイライラしているかも知れない。



 

2021年10月28日 (木)

3日目で牙を剝きだす副作用

 大学病院で処方された薬の薬の副作用が出始めた。
45日分のうち、わずか3日が経ったばかりだ。
倦怠感、無気力感が襲って来る。時々眩暈も起こる。

たったコンマ以下のマーカを改善するために、何で
こんな辛い目に遭わないといかんのかと今回も思う。

でも、副作用で調子悪いとゴロゴロしていたら、ます
ます身体はナマってしまう。
気力で乗り越えるしかあるまい。

2021年10月25日 (月)

病院へいまだ1人で行ってます

    気温が下がってくると血圧は下がり難い。
機器の故障かなと、カミさんは言うが主因は気温の低下だね。

大学病院へ3ヵ月毎のがん検診に出かけた。
検診ついでに病院近くで所用を足して来ることにした。
病院ではまず採血をされるが、今朝はとりわけ採決をされる
人が少なかった。病院がこんなに空いている日も珍しい。

主治医の診断は「(がんは)悪さをしていませんね」と言う。
一安心だが、主要マーカが病院内規より少し高いので投薬す
るという。副作用があるので気が進まない薬だが健康のため
には仕方がない。

あれやこれやで、検診と他の用事で約17000歩を歩いた。
いくつかの公園を抜けていくのだが、
夜明けの公園の風景は
素晴らしい。少し寒いくらいが歩きやすいね。
心が洗われた日だった。







 

 

2021年10月15日 (金)

死ぬまでは使いこなそうかかりつけ

   11月にインフルエンザの予防接種を受けようと、かかりつけ医
に予約の問い合わせをした。
ところが、今日(15日)から10月接種分の受け付けで、11月分は
10月下旬からの受け付けということだった。

この医院では、ワクチンの入荷数量も未定で接種計画が立てられ
ないそうだ。市の職員も新コロナ禍もあり多忙なのだろう。
それに市長選挙や衆院の総選挙も迫る。まあ好意的に解釈しよう。

ネットでかかりつけ医の評判を閲覧してみた。
どうも先生の評判が良くない。
医療の技術云々よりも、患者に接する態度や言葉に問題がありそ
うだ。医者も人間、初診の患者ならなおさら高圧的と思うだろう。
お互いに人間同士だ。合う合わないは個々に異なるだろうね。

私は先生とは開業以来20年を超える付き合いだ。
言いたいこともずけずけ言うし、先生もそれに応えてくれる。
患者が少ないときは、時間をかけて種々相談にも応じてくれる。
まして自宅から医院まで徒歩3分だ。関係は大事にしたい。

 

 

 

2021年9月13日 (月)

お大事に言って部屋出る診察日

  カミさんとかかりつけ医へいった。
定例の診察と、先月末に受診した健診結果を聞くためだ。

診察室へ、わが夫婦は連れだって入る。
医師とは開業以来の顔馴染み、のっけから「疲れた」という。
理由を訊くと、昨日の日曜日は1日中、新型コロナの予防接
種を1日中打ちっ放しだったとか。その数750本だそうだ。
先生は、私と同種のがんを患っておられる。
60歳半ばで休憩なしの750本打ちは辛かったろうね。

お疲れの割には元気そうだった。 今朝は体調が良さそうだ。
わが夫婦の健診結果は、完璧ではないにしても概ね良好との
お墨付きをいただいた。やはり嬉しいね。
「お大事にして下さい」と診察室を退去した。


2021年8月28日 (土)

いつまでも続くといいな一万歩

    この日も暑かった。
朝から1人で出かけたが、足が重く速度も上がらない。
こには、必ずしもお天気のせいとも言えない理由がる。

26日の検診で、わが夫婦とも体重の増加を指摘された。
俄然、ダイエットのため、カミさんがウォーキング強化
を言い出し、私も同調した経緯があるんだ。

この健診の日から、1日の歩数が1万歩を超えた。
昨日も同じく1万歩超となった。

今日は朝の4時半から、ワンちゃんとの散歩が30分、そ
の後2人で1万歩近く歩いた。これに私の午前中の外出
分が加わる。こう考えると、ここ数日の疲労が足にきて
いるのは事実だね。帰宅して横になったら、すぐにうた
た寝をしてしまった。

かつては、歩行速度はカミさんより私の方がはるかに速
かったのに最近は逆転されてしまった。悔しいが事実だ。
気ばかり焦っても足が動かない。年には勝てないね。



 

2021年7月16日 (金)

白衣みてここは歯医者と確かめる

  梅雨明けの昼頃、歯科健診に出かけた。
県と県歯科医師会の主催で、何年かに1度案内が来る。無料だ。

この手の検診は未経験、どんな内容化か興味があったので、か
かりつけでない歯科医院へ予約を入れて、健診を受けた。

この歯科医院、駅に超近い位置にあり歯科医師、スタッフ全て
女性だった。受付を通るとスタッフ総員でお出迎え、まるで銀座
の馴染みのクラブを想い起こさせるようだった。
しかし、全員が白衣着用だと何だか違和感を覚えるね。

私には馴染のない健診項目もあったけど、応対は丁寧で親切で、
かかりつけでは見かけない検査機器にも興味が湧いた。

検査結果は、当然、かかりつけ医院と同じ。
次は、レントゲン検査と歯垢取りだという。予約を勧められた。

でも、待てよ!
立地はベスト、大勢のスタッフ、それにここらは、徒歩5分以
内に8軒近くもある歯医者の激戦区だ。かかりつけの簡素な施
設に比べて格段の経費がかかるはず。治療費に影響を与えるこ
とは必須だ。・・と即断し予約は電話すると伝えた。

1時間近くの間、どんな患者さんが来るかと観察していたが、全
員が男性だった。それも中年以上のオッサンばっかり!
これを女性の力と考えるのは思い過ごしかな?








 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年7月14日 (水)

コロナ禍の位置を伝える接種報

   当市の新型コロナウイルスワクチンの接種状況が更新された。
7月13日現在、65歳以上の対象者75146人のうち、1回以上の
接種者は55335人、接種率は73.6%とある。
私は2回目接種を終わり、カミさんは今月下旬に2回目を予約
済みだ。

他の自治体は知らないが、当市に限れば当初の予定どおりと思
われる。ワクチンの供給量に変動があれば接種日程を変更する
とあるが、問題はなさそうだ。

ワクチン供給量の削減で、自治体によっては接種予約を打ち切
ったニュースを聞くが当市は該当しないようだ。
接種会場をもっと増やすそうだから、すべて予定どおりと推察さ
れる。それでも感染者の年齢層は低くなってきている。若い人た
ちも急いて接種を受けてほしいものだ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

お気に入りの本